So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

オランジーナの景品で思い出すマントン(Menton) [2012.01 Rally Montecarlo]

最近、仕事がチョー忙しく休日含めほとんど家には寝に帰っているだけの熊太郎。

この週末それなりに休む時間が取れ、家でゆっくりしていると食卓にてこれを見つけた。
th_IMG_4884.jpg
サントリー「オランジーナ」のノベルティ。
熊太郎妻によると、息子の部活用にPETボトル飲料を大量購入したところ、これをもらったとのこと。

この柄の他に2種類ありました。

妻「これフランスのどこだろうね。リゾート地かね??」
熊太郎「!!」

th_IMG_4885.jpg
熊太郎の記憶が蘇る。
一発で「マントンじゃない?」と答える。
熊太郎も寄る年波には勝てず、人の名前なんてすぐ忘れちゃうし、忘れ物なんて日常茶飯事。
でもこういう記憶は衰えてないんだな。

そこで過去の写真を探す。

th_R0016135.jpg
ほら、これマントンの中心街。遠くの尖塔、まさしくこのトートバックのよ。

th_R0016135.jpg
もうちょっとアップにした写真。尖塔の形、そしてその左下の建物、バックの写真そのままです。


マントンはニースの東、イタリアとの国境の街。フレンチリヴィエラです。

th_R0016133.jpg
この時2012年1月。熊太郎がスイスに赴任して初めてのスイス国外旅行。
モンテカルロラリーを見に行った時にマントンに2泊したんだな。
目標がラリー観戦だったもんだから、マントンの街は力入れて観ていないんだよね。

2012年1月マントン訪問の様子はこちら

th_Lucéram-20120121-00295.jpg
マントンやニース北方の山中にてモンテカルロラリーは開催される。(毎年コース変わるけど)
これがラリーの写真。2012年、第80回大会。

th_R0016130.jpg
マントンの写真。イタリア国境方面を写すとこんな感じ。

th_R0016137.jpg
この時はモンテカルロラリーの観戦スポットの情報収集と、山中で食べる食材や飲み物の調達がメインだったから、

th_R0016122.jpg
あんまり深く知る時間がなかった。

th_R0016120.jpg
海岸沿いの道はとても開放的で、訪問時1月にもかかわらず17℃位あってその暖かに感動したものだった(同じ時期のチューリッヒは大体マイナス温度〜5℃位)

th_R0016162.jpg
そして地中海の朝焼けはとても美しかった。

th_R0132722.jpgこれは2013年11月にイタリア海岸沿いを旅行し、最後国境を越えニース空港に向かう際、電車の中から撮影した1枚。ガラスの反射が邪魔だが、マントンの尖塔がちゃんと写っている。

イタリアからニースに向かう旅の様子はこちら

th_IMG_4886.jpg
トートバックを開封してみました。バックにはマントン(Menton)とは書いていなかったけど、ただのノベルティーもちょっと大事にしたくなるバックになりました。

チューリッヒの写真を整理していたら [Zurich]

th_IMG-20120225-00360.jpg

前回記述したZum Kropf の店の写真が出てきました。


旧市街の雰囲気いい場所にあります。
Googlemap でその豪華な内装を確認できますね。

チューリッヒの地元料理 Zürcher Geschnetzeltes の話 [Zurich]

今日は10月2日。5年前のこの日、熊太郎はスイスに旅立ったのであります。2011年は2016年と同様に2日は日曜日。家族が成田まで見送りしてくれた。
時間が経つのは早いですな。
晴れた今日のように残暑が残る東京からスイスはチューリッヒに降り立った時に感じたヒンヤリ感。あの時、冬物早く揃えないと、と思ったものだ。
th_R0015459.jpg
成田空港、当時のラウンジです。


さて、今回もスイス料理ネタです。
先日、熊太郎家のキッチンからこいつが出てきた。
th_IMG_4342.jpg
マギーのZürcher Geschnetzeltesの素。
日本語でツーヒャー ゲシュネッツェルテスと読むとそれっぽい感じかな。

th_IMG_4343.jpg
直訳すれば「チューリッヒ風 子牛のクリーム煮」てなもんです。
もちろんこいつは賞味期限切れ。
数CHFで購入出来るこのスープの素。日本へのお土産としてたくさん買って帰国したヤツの残りです。
懐かしかったので賞味期限切れは承知で熊太郎奥さんに作ってもらいました。

th_IMG_4345.jpg
日本のスーパーでは子牛が手に入らないので、代わりに普通の牛肉で料理(してもらった)

th_IMG_4346.jpg
本場チューリッヒではこの”シチュー”の横にロシュティ「Rösti」と呼ばれるイモのプレスしたもの、そうだな、イモのパンケーキっぽいのが添えてある。

ロシュティ
ゲシュネッツェルテス
それぞれの料理のWikiはこちら

このゲシュネッツェルテス、日本のクリームシチューに近く日本人の舌によく合います。レストランではそのロシュティやパンと一緒に食べますが、ご飯にも合うと思います。

チューリッヒ中心部でゲシュネッツェルテスと言えばこのレストラン
Zum Kropf
旧市街、セントペーター教会近くにあるツム・クロップ。フォンデュやラクレットではない地元料理を提供している歴史あるレストラン。HPみればその建物の内装がわかるが、中世の建物、レストランの営業は1888年のようだ。
夏はテラス席に通されて22時近くまで明るいチューリッヒの”夜”を堪能できる。19時には横にある教会の鐘がガーンガーンと鳴り響く。
値段もそれなりに高かったけど。

このHPにはメニューがあるので一人レストランに入り、ゲシュネッツェルテスを頼んだケースのお値段を見積もってみた。

まずは普通にグリーンサラダを頼むと8.5CHF
メインにゲシュネッツェルテスwith ロシュティ 34.5CHF
デザートでチョコレートムース 11.8CHF
スイスワインの白(メニューにハーフボトルがないぞ)1本 約50CHF

合計 104.8CHF(!!!)
でチップ10%ちょっとつけると 120CHFだよ。。。
今レートが105円/CHFだから12,600円。 やっぱりスイスは高いなぁ。


ラクレットという食べ物について [Zurich]

ラクレット。

溶かしたチーズを芋やらソーセージ、野菜などにかけて食べる料理。
熊太郎的には「これって料理か??」と思ってしまう。そんなスイスの素朴な食べ物である。
熊太郎世代としては、とろけるチーズを食べると言えば「アルプスの少女ハイジ」を思い出さずにはいられない。
今でこそ金融、医薬、精密加工やらで世界の勝ち組なスイスだけれど、昔はさしたる産業もなくて、他国へ出向く傭兵が産業(これって出稼ぎだよな)だったりしたわけで、気候も厳しく裕福じゃなかった。スイス在住時代、ラクレットを食べる時はいつも「スイスの昔の貧しさ」を感じながら食べたものだった。

チューリッヒでラクレット専門店と言えばここでしょうか。
ラクレットスチューベ(Racllete Stube)
オフィシャルサイト
芋やらの上にチーズを乗せて一皿、それを平らげるともう一皿。もうその趣は「わんこそば」ですな。

まぁ簡単な調理ですので、お祭りの屋台なんかでも食べることができます。あとクリスマスシーズンのマルクトでも食べられるね。

ラクレットスチューベとは別のレストラン。
th_IMG_0287.jpg
チューリッヒ時代、口コミでここは美味いと言われていたお店の写真が残っていた。
トラムで行けるエリアではなく、Sバーンを使って行くこのお店。

th_IMG_0290.jpg
お店の人がこの暖炉?で半割りのチーズを温めて溶かしたものをトローンとかけてくれる。
目の前でチャチャチャっと麺を削る刀削麺みたいなものでしょうか。目の前で調理してくれるところがポイント高いですな。

そんなラクレット、チューリッヒじゃそこらじゅうにある食べ物なので、積極的に食べなかったけれど、日本に帰ってくると、半年に1回くらいは食べたいな、と思う熊太郎。

先日チューリッヒのお友達が日本に来るって連絡あり、何か欲しいか聞かれたもんだから迷わずラクレットチーズを頼んだわけであります。

ラクレットチーズはスイスのスーパーに普通に置いてある。2大スーパーのCOOPとMIGROSに行けば間違いなく買えます。

重いのにわざわざ持ってきてくれた友達に感謝しながら受け取る。友達にはちゃんと手持ちの20CHF現金を渡して。

それがこれ。
th_IMG_4241.jpg
金の延べ棒のようだ。

th_IMG_4244.jpg
大きさがわからない方のためにメガネケースを置いてみた。

th_IMG_4243.jpg
裏の表示。100g 230円ってとこですな。これ、お土産で持って帰ると値段がバレバレです。

th_R0018899.jpg
この写真はスイス時代の2013年初の食卓写真。上に餅置いているが、下段に薄切りにしたラクレットチーズを溶かしているのが見える。これの調理器具もスイスの電気屋に普通に置いてある。これも特価20CHFで買った物。日本に輸送し、倉庫にしまってあります。

th_IMG_4247.jpg
今回はオーブンで溶かしたけれど、、楽しく家族で頂きました。たまーに食べると美味しいです。

サッカー欧州選手権 EURO2016とスイスの街 [Zurich]

今、欧州はサッカー欧州選手権「ユーロ2016」真っ盛り。
イギリスのユーロ離脱の話やテロ、移民など様々な問題を抱えている欧州ですが、それはそれ。4年に1回のこのイベントに欧州の夜の酒場なんかでは盛り上がっていることでしょう。

各国のリーグが終了した後、6月〜7月に開催される国別選手権。
皆の根底に流れるナショナリズムを湧き上がらせてくれる大会なのです。

今をさかのぼること4年前の前回大会、つまりユーロ2012の時、熊太郎はスイスに住んでいた。
この時期のスイスの街中の面白い光景が忘れられない。

th_IMG-20120628-00576.jpg

残念ながら、その時、その光景の写真を撮っていないのが悔やまれるが、上の写真、スイス国内の写真。
1つしかないけれどイタリアの国旗が窓に掲げられている。

スイスの人口約820万人。その内外国人が約200万人だからざっくり外国人比率約24%だ。
もちろんその内の一人は熊太郎だったわけだが、日本人なんてマイナーも良いところ。スイスにいる日本人って1万人っていうから1%にも満たない。
スイスの統計局(多分)サイトによるとご覧のとおり。

大半は欧州圏内からの「移民」である。
イタリア15.3%
ドイツ14.9%
ポルトガル13.1%
フランス5.8%
スペイン4%
こんな感じだ。(2014年統計)

アジア人全体で6.4%だからね。桁が違います。アジア人、いろんな人がいましたが、割とタイの人が多かったような気がします。

窓辺に飾る国旗の話しに戻るが、この欧州選手権の時期、自分の出身国を誇りに思うがごとく、自国の国旗を飾るんだ。
上記の移民出身国ランキングって、イコールサッカーが強い国だったりするもんだから、もうあちこちのマンションは満艦飾になるわけですわ。

他国に住んでいるのにこの時ばかりは愛国心むき出しです。日本の国旗を掲げる習慣があまり無い(これは多分に歴史的な理由、国旗掲揚が右翼的に見られることへの遠慮がある気がするが)我々としては違和感があるわけです。

で、1次リーグの頃は満艦飾なわけですけれども、徐々に選手権は進むに連れ、敗退国の国旗が消えていく。前回のベスト4はスペイン、イタリア、ドイツ、ポルトガル。それらの国々の国旗は最後まで頑張って掲げられておりましたが、熊太郎の記憶ではポルトガルが敗退した後、急にマンションの軒先が寂しい感じになってしまったような気がします。周りにポルトガル人が多かったのか??

今年の優勝はどこになるか??
そして本日の段階でスイスは1勝1分。残りフランスとの大一番が控えていますが、さてどうなることやら。スイスの窓辺の風景を想像しながら結果をチェックする熊太郎なのでした。


レストランのレシート発見 オランダ・ベルギー巡り 5−2(2013年10月) [2013.10 Netherlands NL]

この週末、部屋の掃除をしていたら外国語で書かれたレシートが出てきた。

よく見るとアムステルダムのレストランのレシート。
th_IMG_20160529_215444.jpg

もう2年半前のレシートなのでだいぶ字が薄くなっていたが、熱にやられていなかったせいか真っ白にはなっていなかった。

アムスで日本人の知人と3人でイタリアンに行ったんだな。
Casa di David
http://www.casadidavid.com
調べたらすぐ出てきたよ。

レシートをよく見るとワイン1本とサラダとメインを食べているね。
お値段126.25EUR。まあ今の相場では1人5,000円ってとこか。
結構賑わっていて美味しかった記憶があります。

時間を見るとチェックしているのが23:42。結構遅くまでいたんだな。東京でその時間まで夕飯食べているなんて絶対ないからな。

そして時間の上に消費税の%が書いてある。
オランダは基本21%、軽減税率は6%のようだ。(多分だが内税表記のようだ)
ちなみにスイスは基本8%の軽減は2.5%。
ドイツは基本19%、フランスは確か19.6%?だったか。
まぁ欧州ではこんな感じだった。

これを書いている2016年5月末、消費税増税は延期が濃厚となっている。

8%から10%なんてかわいいもんだと思うんだけどなぁ。
そんなに景気悪いかねぇ。そりゃ税金上げなくても先々済むんだったらいいんだがそうでもないようだし。熊太郎的には将来のことを見据えた方がいい気がするんだけどなぁ。
さてどうなるか。

偶然見つけた過去のレシートから考える未来の話でした。

スイスで手に入る食材の話(回想) [Zurich]

日本に帰国して2年チョイ。もうすっかり日本の生活に戻り、悲しいかな日本のサラリーマンとして朝に晩に働いている熊太郎。

そして休日は欧州時代のように旅することもなく、スーパーやドラッグストアで買い物とごく普通の生活をしている。その時ふと思ったこと。
スイス生活時代に入手困難だったものを回想。

まず日本食材。チューリッヒには小さいながらも日本食材屋さんがある。
th_R0015055.jpg
チューリッヒ中央駅からトラム、確か7番と14番だったと思うが、10〜15分乗ったところにある「Nishi」さん。
何回かお世話になったものです。他にも中央駅近くにある韓国系アジアショップにも日本食材はありました。

でもね、
th_R0015044.jpg
やっぱり高いのよ。これ2011年の写真なので価格は現在と違うかもしれんが、日本でもおなじみのこの形状の味噌。向こうでは13.6CHF。今のレートで約1,600円! まぁしょうがないわな、こんな需要が少ない国でしかも日本から遠いところでさ。

価格は高いものの、こういった日本食材屋さんがあるおかげで我々は日本食を自作できるわけでございます。でもね、なかなかないものもあるんスよ。

その代表格が豚バラの薄切り。これがないんスよ。
このNishiさんに行けば冷凍の豚バラが手に入るんですけど、熊太郎家からは結構遠かったし、お値段もそれなりなんですな。日本じゃ当たり前のように売られている豚バラ。これが手軽に手に入らないことに、もはやストレスさえ感じていた熊太郎(大袈裟)

そんな状況下、いろいろな日本人駐在者ネットワークで情報を得たお肉やさんで薄く切ってもらえることを知った熊太郎。
ある日早速訪問してみた。

そしたら店員さん「翌日になるけど良い?」と。
訊けば冷凍肉をスライサーで薄切りにするとのこと。そしてそれを店員は「SUKIYAKI」と言ってた。

th_R0016474.jpg
翌日出てきたお肉。脂分は少ないけれど薄肉です。

th_R0016477.jpg
休日作った肉そばです。

th_IMG-20120622-00564.jpg
ちなみにラーメン屋は当時チューリッヒ市内にありました。日本人が経営していたんだが、自分がスイスを離れる時期に経営者が変わったらしい。
多少スープの温度が低かったけれど、味は美味しかったですよ。値段は1,800円くらいしたけどね。


外食の値段は高いけれど、スーパーで売っている食材、特に農産物や乳製品の値段は日本と変わらない感じだった。
th_Uster-20120428-00483.jpg
これ牛乳。200円くらいだったと思う。
野菜も日本人がイメージする野菜はほぼ手に入った。ただ、ゴボウだけは手に入らなかった。

次に魚。
th_IMG_0082.jpg
スーパーでも売っているが、マルクトと言われる朝市でも手に入る。

th_IMG_0084.jpg
真ん中に鎮座しているマグロ。ここのマグロは新鮮で生食できますが、まぁ味はそこそこです。

th_IMG_0085.jpg
何せスイスは海がないですからね。

th_IMG_0086.jpg
海の魚というより、湖の魚が多いです。

th_IMG_0087.jpg
アジやサバなんて望めません。

th_IMG-20120310-00389.jpg
郊外にある鮮魚屋さん「メルカート」というのがありまして、ここに行くと地中海から持ってきたような魚が手に入ります。

ここに行くと寿司ネタも置いてあります。買ったことないが。シャリに乗せれば出来上がりってな感じで。

th_IMG-20120310-00390.jpg
テンプラも売っています。

さようならチューリッヒ、さようならスイス 後編(2013年12月) [Zurich]

最終日の朝。ホテルに車を呼び、荷物を詰め込み空港に向かう。
手荷物はスーツケースと大きな段ボール箱など。段ボールには同僚や親戚に向けたチョコとチーズがたくさん。
お土産に関して言えばこの時期は安心である。気温が高い夏はチョコなんて持って帰れない。

th_IMG_0478.jpg
予定通りチューリッヒ空港に到着。会社の同僚が来てくれた。出発は10:55。それまで朝飯代わりに最後のソーセージをいただく。
でもやっぱりチューリッヒ市街地のソーセージの方がうめえなぁ。
とはいえ日本じゃこのサイズのソーセージは手軽に食べられないからなぁ。

そして同僚と別れる。帰国はFinairをチョイス。フィンエアーはワンワールド系。
熊太郎基本はスイスエアも属するスターアライアンスなんだが、絶対というほどこだわりがない。
今回のフィンエアー選択の理由はただ一つ「安かったから」
スイスで働く機会を与えてくれた会社に対するせめてもの恩返しである。(もちろん仕事で恩返ししております。今も)

th_IMG_0480.jpg
フィンランド時間15時ごろにヘルシンキ到着。

th_IMG_0482.jpg
お土産コーナーはムーミンだらけだよ。

th_IMG_0481.jpg
そして毛皮。

th_IMG_0483.jpg
ここでシェンゲン地域から離れる。例の飛行機マークの黒いシェンゲンスタンプ(って言うのか??)を押してもらって、日本行きのゲート方面へ。

th_IMG_0487.jpg
これ成田行きだと思われます。
面白かったのはこの時間のヘルシンキ、成田便だけでなく、関空、名古屋、ソウル、北京、上海便が出発するため、ここは北欧か!?ってな位東アジアな人たちでごった返す。もう日本に帰ってきたかな?と錯覚する位。(行き先間違っていたらごめん)
17時過ぎに出発。さらば欧州。

th_IMG_0484.jpg
そして10時間後、朝の10時ごろ成田に到着。冬の関東、ブルースカイです。

th_IMG_0485.jpg
熊太郎、ついに日本に戻る。表示板は当たり前だが日本語表示。

th_IMG_0487.jpg
空港で荷物を自宅に送り、身軽な状態になりスカイライナーで上野に。
日本に帰るのは13ヶ月ぶり。やることはこれでしょう。
本場日本のちらし寿司です。

th_IMG_0488.jpg
そして帰国翌日、夕方の富士山。日本に帰ってきたと実感。あー綺麗。

th_IMG_0565.jpg
家族と一緒にやっすい居酒屋で帰国祝い。芋焼酎美味いス。

th_IMG_0572.jpg
熊太郎も満足のいくらかに寿司。

こうして熊太郎のスイス滞在記(というかスイス滞在中の旅行記)もめでたくゴールとなりました。
ご訪問頂いた皆様、ありがとうございました。
今後は追補する事項があったら不定期にアップしたいと思います。ま、いままでも不定期でしたけどね。

さようならチューリッヒ、さようならスイス 前編(2013年12月) [Zurich]

ついにこの記事を書くときが来た。
このブログを始めてちょうど2年。赴任期間は2年3か月。ほぼ同じ期間で記述し終えることになりそうです。滞在日数815日、ブログの記事数約400。細切れに書いたのもありますが、ほぼOff Timeだけの滞在旅行記でよく積み上げてきたモンだ。

翌日の朝の出発を目前に控えた熊太郎。その日半日、チューリッヒの町を巡ることにした。

最終日はちょっと郊外を遠回りし、近郊の町を経由し、グライフェン湖と言う湖を渡ってチューリッヒ市内に向かう。

th_IMG_0412.jpg
その日は結構良い天気。

th_IMG_0413.jpg
湖畔まで歩いていく。

th_IMG_0415.jpg
この辺りは牧畜が行われていて、牛臭いんだよね。

th_IMG_0417.jpg
湖畔が見えてきた。2011年7月、赴任前の出張時、赴任をアシストしてくれるスイスのおばちゃんに車で連れてきてもらったことを想い出す。平日夕方、みんなが楽しそうにここでローラースケートして遊んでいたんだよね。日本なら残業している時間にローラースケート。こういう世界もあるんだと思ったあの時から2年半。そういう世界から去るのは名残惜しい。(と思ったはず)

th_IMG_0419.jpg
湖畔。たまにここに来て景色を感じたものだ。

5月の様子

8月の様子

極寒の時

th_IMG_0420.jpg
ここから渡し舟が出ている。

th_IMG_0423.jpg
チューリッヒ市内乗り放題の定期で乗れるんだ。

th_IMG_0433.jpg
船に乗り対岸の村Maur(マウル)に向かう。

th_IMG_0438.jpg
今まで気にもしなかったスイス国旗が目に止まります。

th_IMG_0440.jpg
船は対岸に到着

th_IMG_0445.jpg
Maurです。

th_IMG_0447.jpg
ここからはチューリッヒ方面に向かうバスに乗り換え。

th_IMG_0449.jpg
Maurの教会

th_IMG_0451.jpg
しばらくバスに乗り、チューリッヒの端っこ辺り、トラムの終点のエリアに到着。ここからはトラムを使う。トラムの終点ってどうなっているか?だいたいは線路が円形になっていて折り返しができるようになっている。

th_IMG_0455.jpg
市内に到着。Central(ツェントラル)辺り

th_IMG_0457.jpg
旧市街。ニーダードルフ通り

th_IMG_0458.jpg
この日は日曜日。車が止まっているところにある日本食材屋「Nishi」さんもお休み。本当はお店のオーナーにさよならのご挨拶をしたかったのだが残念。おばちゃん元気かなぁ。

th_IMG_0461.jpg
そして市内のなんちゃって日本食屋「WAGAMAMA」でなんちゃってラーメンを食べる。こういうところは日曜日でもやっているんだよね。明後日には本当のラーメンを嫌という程食べられるのにフラっと入ってしまう。

th_IMG_0459.jpg
ここ、チューリッヒで唯一まともなラーメン屋だったラーメン「OKI」だったのに、オーナーが変わったのか、久々に行ったら「IKO」になっていた。今日は定休日でどうなったかは不明のまま帰国となりました。

th_IMG_0462.jpg
Bahnhof Strasseは賑わっていました。
結局お世話になった人にお礼も言えずホテルに戻ることになりました。

th_IMG_0463.jpg
チューリッヒ中央駅地下ホーム。

th_IMG_0469.jpg
ホテル近辺に戻る。クリスマスツリー(モミの木)がたくさん売られています。

th_IMG_0473.jpg
最後の晩餐は面倒だったので近くのマックのテイクアウト。このハンバーガーで700円だからね。最後まで物価の高さに驚かされる国である。

帰路 アルプス見納め旅 4 [2013.12 First CH]

赴任中最後となるベルナーオーバーランド訪問。次来るときはリタイア後かなぁ。

th_IMG_0382.jpg
フィルストでランチ食べた後、グリンデルヴァルトに戻る。

th_IMG_0384.jpg
冬でお日様低いからグリンデルヴァルドは日陰になっていた。

th_IMG_0385.jpg
駅近く。

th_IMG_0386.jpg
駅のホームはご覧の通り凍っています。

th_IMG_0387.jpg
そのまま帰らず、インターラーケンの町を歩いて帰ることにした。OST駅からWEST駅まで歩く。

th_IMG_0388.jpg
途中、偶然にもムスタングが展示されていた。

th_IMG_0389.jpg
先週行ったドーヴィルロケ地旅。「男と女」で映画に出てくるムスタングと一緒。うーむ、これも偶然ではあるまい。

th_IMG_0390.jpg
インターラーケンから見るアルプスの山々

th_IMG_0391.jpg
静かな感じ。やはり夏に比べると観光客は少ないね。


th_IMG_0392.jpg
さてと今回は普通にベルン経由で帰ります。

th_IMG_0397.jpg
トゥーン湖。

th_IMG_0400.jpg
さらばスイス高地。

前の10件 | -
外貨投資 FXfx