So-net無料ブログ作成

チューリッヒの地元料理 Zürcher Geschnetzeltes の話 [Zurich]

今日は10月2日。5年前のこの日、熊太郎はスイスに旅立ったのであります。2011年は2016年と同様に2日は日曜日。家族が成田まで見送りしてくれた。
時間が経つのは早いですな。
晴れた今日のように残暑が残る東京からスイスはチューリッヒに降り立った時に感じたヒンヤリ感。あの時、冬物早く揃えないと、と思ったものだ。
th_R0015459.jpg
成田空港、当時のラウンジです。


さて、今回もスイス料理ネタです。
先日、熊太郎家のキッチンからこいつが出てきた。
th_IMG_4342.jpg
マギーのZürcher Geschnetzeltesの素。
日本語でツーヒャー ゲシュネッツェルテスと読むとそれっぽい感じかな。

th_IMG_4343.jpg
直訳すれば「チューリッヒ風 子牛のクリーム煮」てなもんです。
もちろんこいつは賞味期限切れ。
数CHFで購入出来るこのスープの素。日本へのお土産としてたくさん買って帰国したヤツの残りです。
懐かしかったので賞味期限切れは承知で熊太郎奥さんに作ってもらいました。

th_IMG_4345.jpg
日本のスーパーでは子牛が手に入らないので、代わりに普通の牛肉で料理(してもらった)

th_IMG_4346.jpg
本場チューリッヒではこの”シチュー”の横にロシュティ「Rösti」と呼ばれるイモのプレスしたもの、そうだな、イモのパンケーキっぽいのが添えてある。

ロシュティ
ゲシュネッツェルテス
それぞれの料理のWikiはこちら

このゲシュネッツェルテス、日本のクリームシチューに近く日本人の舌によく合います。レストランではそのロシュティやパンと一緒に食べますが、ご飯にも合うと思います。

チューリッヒ中心部でゲシュネッツェルテスと言えばこのレストラン
Zum Kropf
旧市街、セントペーター教会近くにあるツム・クロップ。フォンデュやラクレットではない地元料理を提供している歴史あるレストラン。HPみればその建物の内装がわかるが、中世の建物、レストランの営業は1888年のようだ。
夏はテラス席に通されて22時近くまで明るいチューリッヒの”夜”を堪能できる。19時には横にある教会の鐘がガーンガーンと鳴り響く。
値段もそれなりに高かったけど。

このHPにはメニューがあるので一人レストランに入り、ゲシュネッツェルテスを頼んだケースのお値段を見積もってみた。

まずは普通にグリーンサラダを頼むと8.5CHF
メインにゲシュネッツェルテスwith ロシュティ 34.5CHF
デザートでチョコレートムース 11.8CHF
スイスワインの白(メニューにハーフボトルがないぞ)1本 約50CHF

合計 104.8CHF(!!!)
でチップ10%ちょっとつけると 120CHFだよ。。。
今レートが105円/CHFだから12,600円。 やっぱりスイスは高いなぁ。


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 2

YAP

スイスは本当に高いですよね。
食事で5000円は見ておかないと、ちゃんとしたものが食べられないというイメージがあります。
by YAP (2016-10-03 08:01) 

熊太郎

YAPさん
本当に日本の暮らしの感覚では、理解できないほど物価が高いですよね。
国民投票で最低賃金2500円にするかどうか議論するくらい収入も高いですからスイス人は問題ないのかもしれませんが、旅行者はたまったものではないですね。

by 熊太郎 (2016-10-04 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

外貨投資 FXfx

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。