So-net無料ブログ作成
検索選択

オランジーナの景品で思い出すマントン(Menton) [2012.01 Rally Montecarlo]

最近、仕事がチョー忙しく休日含めほとんど家には寝に帰っているだけの熊太郎。

この週末それなりに休む時間が取れ、家でゆっくりしていると食卓にてこれを見つけた。
th_IMG_4884.jpg
サントリー「オランジーナ」のノベルティ。
熊太郎妻によると、息子の部活用にPETボトル飲料を大量購入したところ、これをもらったとのこと。

この柄の他に2種類ありました。

妻「これフランスのどこだろうね。リゾート地かね??」
熊太郎「!!」

th_IMG_4885.jpg
熊太郎の記憶が蘇る。
一発で「マントンじゃない?」と答える。
熊太郎も寄る年波には勝てず、人の名前なんてすぐ忘れちゃうし、忘れ物なんて日常茶飯事。
でもこういう記憶は衰えてないんだな。

そこで過去の写真を探す。

th_R0016135.jpg
ほら、これマントンの中心街。遠くの尖塔、まさしくこのトートバックのよ。

th_R0016135.jpg
もうちょっとアップにした写真。尖塔の形、そしてその左下の建物、バックの写真そのままです。


マントンはニースの東、イタリアとの国境の街。フレンチリヴィエラです。

th_R0016133.jpg
この時2012年1月。熊太郎がスイスに赴任して初めてのスイス国外旅行。
モンテカルロラリーを見に行った時にマントンに2泊したんだな。
目標がラリー観戦だったもんだから、マントンの街は力入れて観ていないんだよね。

2012年1月マントン訪問の様子はこちら

th_Lucéram-20120121-00295.jpg
マントンやニース北方の山中にてモンテカルロラリーは開催される。(毎年コース変わるけど)
これがラリーの写真。2012年、第80回大会。

th_R0016130.jpg
マントンの写真。イタリア国境方面を写すとこんな感じ。

th_R0016137.jpg
この時はモンテカルロラリーの観戦スポットの情報収集と、山中で食べる食材や飲み物の調達がメインだったから、

th_R0016122.jpg
あんまり深く知る時間がなかった。

th_R0016120.jpg
海岸沿いの道はとても開放的で、訪問時1月にもかかわらず17℃位あってその暖かに感動したものだった(同じ時期のチューリッヒは大体マイナス温度〜5℃位)

th_R0016162.jpg
そして地中海の朝焼けはとても美しかった。

th_R0132722.jpgこれは2013年11月にイタリア海岸沿いを旅行し、最後国境を越えニース空港に向かう際、電車の中から撮影した1枚。ガラスの反射が邪魔だが、マントンの尖塔がちゃんと写っている。

イタリアからニースに向かう旅の様子はこちら

th_IMG_4886.jpg
トートバックを開封してみました。バックにはマントン(Menton)とは書いていなかったけど、ただのノベルティーもちょっと大事にしたくなるバックになりました。
nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 19

コメント 4

YAP

さすが熊太郎さん、すぐにどこの景色かわかったんですね。

by YAP (2017-04-17 08:11) 

熊太郎

YAPさん
こういうことは覚えているのですが、最近起こったちょっとした事をすぐ忘れてしまいます。老いを感じます。
by 熊太郎 (2017-04-18 07:25) 

ミスター仙台

訪問&nice!有難うございます。
by ミスター仙台 (2017-04-21 22:09) 

熊太郎

ミスター仙台さん
お訪問ありがとうございます! 時々お邪魔させて頂いております!
by 熊太郎 (2017-04-24 06:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

外貨投資 FXfx