So-net無料ブログ作成
2012.03 Freiburg DE ブログトップ

ブンデスリーガ観戦! Freiburg [2012.03 Freiburg DE]

2012年3月、まだ独り身の頃、一回本場欧州のサッカーを見たいと思っていた熊太郎はブンデスリーガのスケジュールをチェックしていた。居住国スイスもサッカーはポピュラーだが、強豪と言えるのはBasel位なもんで一強他弱という構図。やっぱり見るなら4大リーグ、一番手軽なのはブンデスリーガだよな、という流れである。

 1部リーグで日帰りで行けるようなチームはバイエルンミュンヘン(人気過ぎてチケット取れない)、シュトゥットガルトそして今回のトピックであるフライブルクの3チーム位しかない(当時)。他チームはドイツ中部または北部にあるチームばかりである。香川がいたドルトムント(当時マンUに行ってたからね)や内田のシャルケなんかもそうだ。

 3月上旬のカードでフライブルクvsシャルケがあった。そのフライブルクSCのサイトをながめればOnline ticketの文字。ドイツ語しかないけれど、感覚でクリックし、チケット購入の手続きを進めていく。
http://www.scfreiburg.com

 結局購入したのは 44EURのバックスタンド中央席だ。なにせ気ままな一人観戦。残席僅少だったが問題なし。後にスイスの自宅に郵送されてきたチケットとともに車で初の国境越えである。

大きな地図で見る
人口23万人のフライブルクはスイスの自宅から車で160km。

 この時は直行ではなくて、途中フランスはMulhouse(ミュルーズ)のカルフールでお買い物してからのフライブルク訪問であった。さらにはストラスブールまで足を伸ばしてみようと考えていたが、さすがに時間が足らず断念。
 
 初のスイスからフランスへの越境。しかし国境通過は拍子抜けもいいとこで、速度10kmと書かれているところを低速で通り過ぎるだけでノーチェック。そのままフランスへ。
 
 フランスの高速道路は平たんだ。田園地帯を突き抜けMulhouse近郊のカルフールで買い物してそのあとフライブルグへ。心配だったのは駐車場である。

 サッカーが行われる日に駐車場を見つけるのは大変だろうと予めチェックしておいた駅前の地下駐車場へ。まぁフランスもドイツもスイスも交通システムは似たようなものなのでビビリながらも無事駐車。

 そこからサッカー場まではトラムで15分から20分ぐらいだったと思う。サッカー開催日はサッカースタジアムまで臨時トラムが出ていてわかりやすかった(トラムの表示板にサッカーボールマークが表示されていた)
 まだキックオフまで時間があったのでまず市内観光ということでぶらぶら市内を歩き始めた。
th_IMG-20120303-00369.jpg

th_R0016486.jpg

th_R0016491.jpg
 中心部にあるフライブルク大聖堂があり、その周りには屋台がたくさん。この大聖堂、なかなか迫力あるが、欧州滞在中はずっと修復中のまま。これは残念。
th_R0016490.jpg

th_R0016488.jpg

th_IMG-20120303-00370.jpg

 屋台の周りには遠征して来たシャルケファンがビール飲んで奇声をあげている。(皆青いユニフォームを着ている)
 腹が減っていたので屋台にてドイツ風ホットドッグ!?(お値段2.5EURという安さに感動)を腹の中に入れ、その後ウィンドウショッピング。

 フライブルクのスタジアムはそんなに大きくなくてキャパは2〜3万人である。6万人収容のシュトゥットガルトに比べれば大人と子供のようである。イメージ的には地元 J1チーム大宮アルディージャのスタジアムに毛が生えたような感じだ。
 できるだけ車の中に物を置いて出陣したものの場内入場チェックがとても厳しくリュックでさえ持ち込めないと言われ、入場エリアに預ける羽目に。
th_R0016498.jpg

 フライブルグvsシャルケ戦の注目ポイントは当然シャルケの内田である。もうこれしかないと言ってもいいかもしれない。ところが残念ながら内田は当日控え。。。残念。しかしながらドイツサッカーファンの野太い声の応援は凄いね。圧倒されたよ。途中横でビール飲んでほろ酔い気分のおっさんに「どっちのファンだ?」と問われ、正直に「内田のシャルケ」と回答できず、「ブンデスリーガのファンだ」と当り障りの無い答えをする俺。
th_R0016500.jpg

試合は当時最下位のフライブルクが勝利し、終了。

終了後は混雑を避けるため、さっさとトラム乗り場に戻り、DB(ドイツ国鉄)の駅へ。
駐車場に戻って6時半頃にフライブルクを出発し、8時過ぎに自宅に到着。
スイスへ入国する方が係員がたくさんいて行きよりもビビった。
どうも彼らは税関の人たちで、無作為に車を止めチェックしている。スイスへの持ち込みが制限されているものがいくつかありそれをチェックしているようである。(例えばワインは2Lまで(たしか)とか)

th_IMG_0851.jpg
チケットはこんなのでした。




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2012.03 Freiburg DE ブログトップ
外貨投資 FXfx