So-net無料ブログ作成
検索選択
2012.01 Moscow RU ブログトップ

極寒の地モスクワへ その2 [2012.01 Moscow RU]

モスクワの滞在日数は3日。仕事で来ているので街を見る機会はなかったのですが、関係先の方と食事した後、お約束とも言える場所に連れて行って頂いた。

時間があればシェルター構造になっていると言われる地下鉄に乗ってみたかったんだけどなぁ。

th_R0016306.jpg
夜の赤の広場。綺麗だけれど寒い(痛い)!!

th_R0016296.jpg
聖ワシリイ大聖堂は世界遺産。

th_R0016305.jpg
正直な所、寒くて観光に集中できなかったw

写真は撮らなかったが驚いたこと。それはカザフスタンの人(一部の方だと思うが)が日本人と似ていることを知った時である。

確か2日目の夕食。ロシアの方がカザフ料理の店に連れて行ってくれた。もう何を食べたかなんて覚えていないんだけど、カザフスタンから来たというスタッフ達(結構な人数がいた)、日本人ととても似ていたのです。
外国にいると、東アジアの代表的な国、中国、韓国、そして日本。欧州人はこの3カ国、見た目の違いがわからないと言いますが、当事者?である我々はなんとなく判別できる。
微妙に骨格とか顔のパーツに特徴があるんだよね。

そんな当事者?である日本人の俺が見ても、この人達は日本人でしょ?とピピッと来る顔立ちなのよ。
いやぁビックリしたね。旧ソ連諸国やモンゴルに行った事ないので知識が浅いからかもしれませんが。

さて、仕事の一つ、展示会見学も無事に終了。展示会場や、その内部は日本とあまり変わりません。
th_R0016322.jpg

th_R0016328.jpg

極めつけはこの写真(大した事ないけれど)
th_IMG-20120125-00313.jpg
この時、モスクワに入って初めて温度計を確認できた。車の外気温系がマイナス18℃だった。
アウディの外気温系だから間違いではないと思う。こりゃ感じるのが寒い、ではなく痛い訳だよ。

前回も書いたが、理由はわからんが街は排気ガスの匂いで覆われていた。モスクワ中心部はひどい渋滞だったからそのせいか?

スイスも寒いが、極寒の地で暮らすっちゅうのは大変だ。

モスクワで購入したエリツィン帽子、その後使用することもなく、ただいまスイスから日本に向かう船便のダンボール箱の中にある(はず)。4月上旬に再会する予定も、日本でも使う機会はないじゃろなぁ。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

極寒の地モスクワへ その1 [2012.01 Moscow RU]

2014年3月22日の東京は快晴。風もおさまり暖かい日差しの中、帰国後初のゴルフに出かけた熊太郎。

いやぁ春が来たね。

そんな春うららな気候の中、前回、マイナス12℃の話を記しましたが、さらに寒い土地の話を。
2012年の1月、モスクワに行ったんだよ仕事で。
1年って12ヶ月あるのに何故こんな寒い時期にモスクワになんか、と思ったものだが、仕事だからしょうがない。丁度モスクワで展示会があったこともあって訪問したのであります。

ロシアってVISAが必要なんだよね。パスポート1ページにベタってVISAを押されて(貼られて?)準備完了。
チューリッヒから直通便もあるけれど、このときはジュネーブ経由で行きました。チューリッヒ−ジュネーブなんて東京−大阪より短いのではないだろうか。エアバスの320に乗って出発、ジュネーブでトランジット。で飛行機降りて待っていると同じ飛行機がモスクワ行きになった。変な感じである。

何回も訪問している同僚が一言「熊太郎、帽子持ってきてないの?脳が死ぬよ」と。

ほんとかいな、と外の空気を確認すると。。。。
こ、これは脳が死ぬかも。。。

もうね、「ヒンヤリ」とか「冷凍庫みたい」とか通り越しちゃってね、「痛い」です。痛い。

で、ホテルの土産物屋であまり気が進まないあの帽子を購入。

th_IMG_0130.jpg
マッシュルームみたいだが、実物はあのロシアの帽子です。エリツィンとかが被っていたアレ。
耳当て部分も装備されています。これで確か5,000円位だった。
なんとなく高級そうだったけど、毛が抜けてスーツについちゃって大変。
まるで家で猫と遊んで、そのまま会社に来た感じだよ。

まぁこれで脳が死ぬ危険性もなくなり、ホテルにチェックインし、宿から外をみたら、凍てつく感じな景色。
th_Moskva-20120124-00311.jpg
じーっと見て気づいたのですが、この写真の白い所、川でさ、凍っているんだよね。
th_Moskva-20120124-00312.jpg

冬だからかどうか知らないけれど、外は排ガス臭かった。 つづく。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2012.01 Moscow RU ブログトップ
外貨投資 FXfx