So-net無料ブログ作成
2012.08 Provence FR ブログトップ
前の10件 | -

週末プロヴァンスの旅 その17 まとめ [2012.08 Provence FR]

AvignonTGV 駅の裏手にあるレンタカープールまで無事に運転し、返却。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日曜日の行程
1. Arles - 11:00 - 10:00
2. Fontvielle 11:20 - 11:50 10:30 - 10:45
3. Tarascon 12:15 - 13:00 12:30 - 13:15
4. Saint- Remy-de-Provence 13:20 - 14:20 11:10 - 12:20
TGV 15:20頃 Avignon 出発
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

TGVが来るまで駅で暇をつぶす。リヨンまでTGV。

そしてリヨンでローカル線に乗り換えジュネーブまで。
これがめちゃくちゃ混んでいて結局ジュネーブまでの二時間立ったまま。。
だいたい3〜4両編成だから混むんだよ。。増結して欲しかった。
18:30ごろジュネーブに到着。
th_R0017694.jpg
南仏はあんなに青い空だったのに。スイスに入ればいつものドンヨリ雲。

th_R0017698.jpg
まだ明るかったので少々ジュネーブを散策。日曜の夕方だからお店もクローズしていて静かでした。

th_R0017700.jpg
そしてジュネーブから3時間半かけてチューリッヒの自宅まで。家についたのは23時頃だったと思う。
th_R0017701.jpg
さて旅のまとめです。

今回は金曜夕方〜日曜までの短い期間だったけれど、スイス駐在期間中、いろいろ旅をしましたが、3本の指に入る程充実した旅だったと思います。
あ〜楽しかった。
二度とできないだろうこんな旅。老後は体力的にできないだろうしなぁ。

さて旅の費用まとめです。あんまり覚えていないけれど。

1. 電車賃 チューリッヒ〜リヨン経由アヴィニョン往復 180EUR+90CHF
2. レンタカー代  230CHF
3. 宿泊費(2泊) 190EUR
4. ご飯代 80EUR
5. 雑費 50EUR

500EUR+280CHF=当時のレートで75,000円 2014年のレートだと100,000円
やっぱり一人旅だと高くなっちゃうね。

th_R0017419.jpg
アヴィニョンからスタートし、

th_R0017450.jpg
ポン・デュ・ガール

th_R0017458.jpg
ユゼ

th_R0017476.jpg
ニーム

th_R0017514.jpg
サン=ジル

th_R0017532.jpg
サン=マリー=ド=ラ=メール

th_R0017596.jpg
アルル

th_R0017643.jpg
フォンヴィール

th_R0017661.jpg
サン=レミー

th_R0017669.jpg
タラスコン

我ながらよくこなしたものです。家族と一緒だったら絶対文句言われていたに違いない。

週末プロヴァンスの旅 その16 Tarascon [2012.08 Provence FR]

さあ、いよいよ旅も終盤。

-----------------------------------------------
1. Arles - 11:00
2. Fontvielle 11:20 - 11:50
3. Tarascon 12:15 - 13:00
4. Saint- Remy-de-Provence 13:20 - 14:20
TGV 15:20頃 Avignon 出発
------------------------------------------------
もともとこんな予定だったけれど、順番を変えて今こんな感じ。
-----------------------------------------------
1. Arles - 11:00       - 10:00
2. Fontvielle 11:20 - 11:50 10:30 - 10:45
3. Tarascon 12:15 - 13:00
4. Saint- Remy-de-Provence 13:20 - 14:20 11:10 - 12:20
TGV 15:20頃 Avignon 出発
------------------------------------------------

実際はサン=レミーの街は通過しているが、まぁまぁの行程消化である。

さぁ。最後の目的地タラスコンに向かう。
タラスコン。不思議な名前である。これはスイスに戻った後に理解したのだが、この辺りには「タラスク」という名前の怪獣伝説がある。で、地名がタラスコン。

実際、タラスコンの街のマークにはその怪獣が用いられている。
http://www.tarascon.org
六本足の怪獣

th_R0017687.jpg
この街訪問の目的は有名なタラスコン城見学だ。

th_R0017669.jpg
街のはじっこにどかんとお城があります。
th_R0017670.jpg
パリのバスチーユととても似ているので、フランス革命ものの映画撮影によく使われるそうな。

th_R0017671.jpg
ちゃんと日本語の見学パンフが置いてありました。

th_R0017672.jpg
屋上めざしてどんどこ歩いて行く。

th_R0017676.jpg
ローヌ川の対岸にはボーケール。見張り窓からみた写真。ってことは過去いろいろな事があったんじゃろねぇ。

th_R0017683.jpg
城の中は、彫刻などの展示場になっていました。

th_R0017689.jpg
ローヌ川。地中海方面を見る。遠くに現代の風車、風力発電がちらほら。

th_R0017686.jpg
これにてプロヴァンスの街巡りは終了。後はアヴィニョンTGV駅まで車を飛ばしてTGVに乗ってリヨン経由ジュネーブに戻る。
日曜日はフランスもスーパー休みなんだけど、カルフールの小規模店舗は時間限定で営業していた。
そこで帰りのおやつやら飲み物やらを購入する。

th_IMG_0928.jpg
チケットが見つかりました。7EUR。

週末プロヴァンスの旅 その15 Saint-Remy-de-Provence [2012.08 Provence FR]



タイトルはサン=レミーにしたけれど、実はこの街に寄ることはなかった。

th_R0017645.jpg
この周辺をドライブしてみた。
いかにもプロヴァ〜ンスってな風景がたくさん。

th_R0017646.jpg
そしてさっきのツーリストインフォメーションで教えてもらった風光明媚な場所に行ってみた。

th_R0017648.jpg
そこにはオリーブの木がたくさんあって

th_R0017649.jpg
バーシアの歌の通りにハグしてみた。

th_R0017654.jpg
良いことが起きるかどうかはわからんが、

th_R0017655.jpg
ひとつ言えるのは、木の根本に沢山の虫がいて、熊太郎が動くと「ガサガサっ」と気持ち悪い音がする。

th_R0017661.jpg
普通の女子なら絶対ハグできないよ。バーシア。

th_R0017665.jpg
ひまわり畑は素敵でした。
th_R0017666.jpg
いよいよ旅も終盤です。

週末プロヴァンスの旅 その14 Fontvielle [2012.08 Provence FR]

羽根橋をもってアルルとはお別れし、東方面に向かう。本来はタラスコンという街に向かう予定にしていたが、計画変更、ドーデの風車近辺の街Fontvielleへ向かう。

ただ、Fontvielle あたりから先は調査不足。

ということでこの街のツーリストオフィスに入って情報収集。
th_R0017639.jpg
ルノー5とシトロエンAXに挟まれた場所に駐車

もうすぐお祭りが始まるようで街の中心部には車がたくさん停まっている。
ポスターが貼られていて、闘牛とかやるみたい。この辺りも闘牛ってやるんだねぇ。

ツーリストオフィスでは英語で対応してくれるお姉さんから地図をもらい、風車の場所やこの辺りの観光場所について教えてもらう。

th_R0017641.jpg
風車は街から5km程度の所にあった。

th_R0017643.jpg
小説家ドーデの風車小屋
th_R0017644.jpg
だからなんだって感じですが有名なんで訪問。
風車のある丘から見える景色はこんな感じ。

次はツーリストオフィスのお姉さんに教えてもらった風光明媚な所に向かいます。



週末プロヴァンスの旅 その13 Arles 3 [2012.08 Provence FR]

アルルの街を出発し、次の目的地へ。

アルルと言えばゴッホである。オランダ人の彼はこの辺で多くの絵を残した。

ゴッホが描いたプロヴァンスの風景。その中でも有名な絵の一つ、跳ね橋がアルル近郊に
あるというので訪問してみた。
th_Arles-20120805-00680.jpg
アルル郊外。10kmも走らないで到着できる。
適当に車を停める。その位なーんにもないような場所にこの橋はある。

th_R0017629.jpg
でもこの跳ね橋。レプリカなんだってさ。朝の9:40。誰もいない。地元の農家さんを数人見た位。

うろうろしていたら、これを発見。
th_R0017630.jpg

さくっと見終えて次の目的地へ。

おまけ。
th_R0017637.jpg

th_R0017633.jpg
DS3の内装。ダッシュボード左にあるのが持参したポータブルナビ。


週末プロヴァンスの旅 その12 Arles 2 [2012.08 Provence FR]

いよいよ最終日。つーっても2泊3日の3日目。土曜日は7つのポイントを巡るというハードさ。

まぁいつもと変わらんけどね。

本日の予定はこんなもんです。
------------------------------------------------
1. Arles - 11:00
2. Fontvielle 11:20 - 11:50
3. Tarascon 12:15 - 13:00
4. Saint- Remy-de-Provence 13:20 - 14:20
TGV 15:20頃 Avignon 出発
------------------------------------------------
今日中にスイスに帰らねばならぬのでTGVの時間までにはアヴィニョンに戻らなくては。
th_R0017601.jpg
アルルの朝。

th_R0017602.jpg
薄めの建物の色が印象的です。

th_R0017604.jpg
そして恒例、早起きして朝食である。

このホテル建物の裏にプールがあった。早朝で泳ぐ人もいないけれど。
プールサイドで食べて良いよって言われたので朝のヒンヤリした空気の中、一人朝食。
人によってはこの写真見てス・テ・キって思われる人もいるだろうが、実際はそんなでもない。

このプール、建物に囲まれているんだけれど、鳩の巣でもあってさ、四方の軒のあたりに鳩が生息いるんだよ。

だから時々、ばさっ、ばさっと羽の音がして落ち着かない。ちょっとでも席を離れようもんなら、鳩がクロワッサンを奪いに来そうな感じである。

th_R0017607.jpg
洗面所がすてきだった。

まずは、チェックアウト前に散歩。
th_R0017611.jpg
朝のカフェテラス。

th_R0017612.jpg
そして黄色いカフェ。「カフェ ヴァン・ゴッホ」

th_R0017613.jpg
朝だからやってないけどね。

th_R0017618.jpg
そこらじゅうに遺跡

th_R0017619.jpg
レプビュリック広場

th_R0017620.jpg
サン・トロフィーム教会

th_R0017621.jpg
爽やかな朝の散歩はいいね。

th_R0017625.jpg
ローヌ側を見ながらアルルの街を出発


週末プロヴァンスの旅 その11 Arles [2012.08 Provence FR]

海辺の街を後にして、向かうは本日の宿泊地アルル。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. Avignon 11:00出発   10:30
30km
2. Pont du Gard 11:30 - 12:30 11:15 - 12:00
15km
3. Uzès 13:00 - 14:00  12:45 - 13:15
25km
4. Nîmes 14:40 - 16:00 13:45 - 15:10
23km
5. St.Gilles 16:40 - 17:10 15:40 - 16:30
33km
6. Saintes-Maries-de-la-Mer 17:40 - 18:10  17:00 - 18:00
52km
7. Arles 19:00到着 19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予定通りの行程でローヌ側のほとりにあるアルルに到着。しかし、アルルの街近辺に到着するまでは良かったが、旧市街を走るのに一苦労。目的地のForum広場までの道のりはほとんど1車線の細ーーい道。
右折左折する時は神経使います。日が長い夏の旅で良かったよ。観光客にぶつからないように慎重に走る。

なんとか到着。
本日のお宿はここ。
http://www.hotelduforum.com
th_R0017624.jpg
Hotel du Forum
名前の通り Forum広場にあるホテル。この写真は翌朝のもの。
車は別の所に車庫があってホテルの人が預かってくれた。

th_R0017623.jpg
3つ星ホテルで80EUR+朝食10EUR+駐車料金10EUR
部屋はきれいでした。なによりフォーラム広場ということが重要。

なぜなら、今回の目的の一つがここにあるのです。
それは後で書くとしてまずは夕方(夜?)の散策。

th_R0017559.jpg
町中がローマ遺跡

th_R0017562.jpg

古いフランス車がたくさんあって楽しい。
th_R0017561.jpg
ドーフィンや

th_R0017564.jpg
おなじみ2CV(+猫)

まずは町歩きをしながらレストラン探し。観光客がたくさんで評判の良いレストランは結構予約で埋まっている。

とりあえず良さげなレストランに潜り込む。
店頭のメニューがフランス語しかなくて、英語のメニューはあるか?と店員に聞いたらその店員、
「俺が説明してやる」だってさ。まぁいいや、とその店員の説明を聞き、チョイス。

th_Arles-20120804-00674.jpg
キリッと冷えた地元ローヌのワイン。

th_R0017565.jpg
フォアグラの前菜と、

th_R0017567.jpg
メインはイカ。

th_Arles-20120804-00676.jpg
値段は覚えていないけれど50EUR位だったと思います。

そしてこの街の目的ですが、これです。これ。
th_R0017555.jpg
フォーラム広場。 日が暮れる前。

th_R0017596.jpg
フォーラム広場 日が暮れた後。

th_IMG_0426.jpg
ヴァン・ゴッホ作 「夜のカフェテラス」
オランダ クレラーミュラー美術館所蔵(実際に行って来た)

今、俺はゴッホがこの絵を描いたであろう場所と同じ場所に立っているんだよ。じんわり感動。
もう少し前に撮影できたらもっと空が青い感じだったんだけどなぁ。

人生100の夢の1つを叶えたよ。

週末プロヴァンスの旅 その10 Saintes-Maries-de-la-Mer 2 [2012.08 Provence FR]

教会に向かって歩く。
th_R0017517.jpg
ペタンクを楽しむ人たちに遭遇

th_R0017521.jpg
教会に到着

th_IMG_0929.jpg
2.2EUR支払って入場(上へ)

th_R0017523.jpg
上に上がると教会の屋根の両サイド部分が通路になっている。でもここじゃよく周りが見えないんだよね。

そこで屋根そのものに上がって行く。

するとどうだ。
th_R0017532.jpg

th_R0017529.jpg

th_R0017528.jpg
吹き抜ける潮風。間近で鳴り響く鐘の音。そして夕方の柔らかな日差し。地中海と白い壁と茶色い屋根の建物。天気も時間もとても良いタイミングで来たなと思う熊太郎。

th_R0017525.jpg
この鐘の音をお楽しみ下さい。


イイネ!

th_R0017547.jpg
そろそろ海水浴も終了時間

th_R0017545.jpg
こちらもそろそろ本日の宿泊地

th_R0017550.jpg
アルルに向けて出発します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. Avignon 11:00出発   10:30
30km
2. Pont du Gard 11:30 - 12:30 11:15 - 12:00
15km
3. Uzès 13:00 - 14:00  12:45 - 13:15
25km
4. Nîmes 14:40 - 16:00 13:45 - 15:10
23km
5. St.Gilles 16:40 - 17:10 15:40 - 16:30
33km
6. Saintes-Maries-de-la-Mer 17:40 - 18:10  17:00 - 18:00
52km
7. Arles 19:00到着
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週末プロヴァンスの旅 その9 Saintes Maries de la Mer [2012.08 Provence FR]

灼熱のサン=ジルを後にして向かうは南仏最果ての街、Saintes=Maries=de=la=Mer サン・マリー・ド・ラ・メール。なっがーい名前の街である。もう略してサンマリーとさせて頂きます。

この辺りはカマルグ湿地帯と言いまして、ここまでの乾いた感じの風景ではなく、緑が多くなる。

そしてこの土地特有の馬、カマルグの白い馬が街道沿いに見る事ができる。
半野生ってあったけど、さすがに野馬は見なかった。みんな乗馬して楽しんでいたよ。
th_R0017516.jpg

http://www.saintesmaries.com/en/
サンマリーの公式サイトにも馬の写真がトップページに。

30分くらい走れば街に到着。結構な人出。
th_R0017551.jpg

th_R0017546.jpg
それもそのはず。8月上旬のバカンスの時期。海水浴客でいっぱいだった。
だから駐車場探しに一苦労。
th_R0017554.jpg
夕方だったから帰る客がちらほらいたのでラッキーだった。 久々に見たなルノー19。

車を駐車し散策開始。

th_R0017518.jpg
地中海の海辺の街。白い壁の建物が多い。

th_R0017519.jpg


th_R0017549.jpg
まずは遠くに見える教会を目指す。なんか変な屋根の形だな。





週末プロヴァンスの旅 その8 Saint-Gilles 2 [2012.08 Provence FR]

サン=ジル教会の裏手から入った熊太郎。

いよいよこの街訪問のメインイベントである教会の中に入る。

教会の中は。。他の教会もそうだけどとても静か。教会の入り口から見て一番奥。キリスト様がや十字架がある部分って、さっき外で見た廃墟になってる部分だと思うんだよね。そこは残念。
でもね、この教会には大きな地下フロア、Crypt (クリプト)、石棺があるような地下聖堂がある。
th_R0017510.jpg
ここはもう何かを感じずにはいられないヒンヤリした空気が充満している。
もう外が42℃なんて信じられない。
自身の呼吸音が響く位の静けさだ。

そんな神聖な場所を一通り見て外に出るとそこは再び42℃の世界。
th_R0017511.jpg
そして有名な正面のファサードを見る。うむ。立派です。
th_R0017512.jpg

th_R0017514.jpg
乾燥した夏の空気とヒンヤリとした地下聖堂の空気のギャップを感じた訪問であった。
th_R0017515.jpg
教会を後にし、その後スーパーで飲み物を調達。 次の目的地へ向かうのであった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. Avignon 11:00出発   10:30
30km
2. Pont du Gard 11:30 - 12:30 11:15 - 12:00
15km
3. Uzès 13:00 - 14:00  12:45 - 13:15
25km
4. Nîmes 14:40 - 16:00 13:45 - 15:10
23km
5. St.Gilles 16:40 - 17:10 15:40 - 16:30
33km
6. Saintes-Maries-de-la-Mer 17:40 - 18:10
52km
7. Arles 19:00到着
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前の10件 | - 2012.08 Provence FR ブログトップ
外貨投資 FXfx

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。