So-net無料ブログ作成
2012.09 Dusseldorf DE ブログトップ

小さな日本がある街 デュッセルドルフ [2012.09 Dusseldorf DE]

この街へは滞在中何回訪問したであろうか。訪問回数10回は余裕で超える。
熊太郎が勤務する会社の拠点がドイツ北部にあるのでデュッセルドルフ空港はよく利用したものだ。

欧州滞在中に利用した空港ランキング
第一位 チューリッヒ空港 (居住地だから当たり前)
第二位 デュッセルドルフ空港 (全部お仕事)
第三位 ニース空港(全部休暇)
なのです。

ドイツではフランクフルト空港が超メジャーだけれど、熊太郎的にはデュッセルドルフ空港の方が馴染みがある。
今年から日本からの直行便も設定されたこの都市。欧州駐在員にとっては日本人街があることでチョー有名。
デュッセルドルフ、もう面倒だからDUSって書きますが、狭い地域に5,000人位の日本人が住んでいるとか。
スイスは全国で10,000人弱って言うからね。それを考えるとすごい密度だと思うよ。

この街に初めて訪れたのは赴任後3ヶ月目の時だった。
その時DUSに事務所を構えるグループ会社の人と一緒に飲んだんだ。
指定された場所は日本の居酒屋風飲み屋「串亭」
http://brickny.com/kushitei/
入ってみてビックリ。もう店内は日本の居酒屋そのものだよ。
違いと言えばドイツ語が書いてある事とドイツ人が一緒に飲んでいることくらい。
th_Düsseldorf-20111215-00181.jpg
写真のとおりリアル焼き鳥なんか食べられちゃうのだ。
値段は高いけれどチューリッヒの日本料理屋よりずっと安い。
さすがにチューリッヒにはリアル焼き鳥はないもんなぁ。

日本街と言われるインマーマン通り周辺を歩けば、
th_Düsseldorf-20111216-00183.jpg
カラオケ屋


th_Düsseldorf-20111216-00184.jpg
ラーメン屋、今は閉まっちゃったけれど日本の本屋、そして大きな日本食材店が2軒。
日本に飢えている駐在者にとっては天国だと思います。

熊太郎はそんなに飢えていなかったんだよね。あまり食に執着心がないのか功を奏したのかもしれない。
そりゃ毎日ポテトと肉とソーセージとチーズは嫌だけど、ラーメン食べないと死んじゃう程でもない。
単身の時期でも家族と一緒の時期でも家では和食を作って食べていたからね。家で食べているから飢えないわな。外食派じゃなかったのが理由なのかもしれない。
一時期ホテル暮らしが続いた時はさすがにコメ食いたいなと思ったが。

気になっていたのは家族。特に2人の子供達は日本語の活字やマンガに飢えていた。その頃電子書籍が大分普及してきたんだけどね、コロコロコミックなんて付録が大事だったりするじゃない。
だから出張の帰りのお約束の行動は、

DUS 〜チューリッヒの最終便を予約。21:10発のエアベルリン。


夕方DUS空港に着いたらレンタカーを返却しSバーンでDUS Hbf(中央駅)へ。
S11は直通ノンストップで、乗っている時間は15分程度である。

th_Düsseldorf-20130620-01384.jpg
そこから徒歩10分で日本人街インマーマン通り到着。
まず本屋へ行ってアニメ本やコロコロコミックを購入。コロコロコミックなんて10.5EURだからね。ざっと1,400円だよ。日本だったらボッタクリも良い所だけれど物流費考えたらやむを得ない。

その後日本食材屋で日本食材を大人買い。チューリッヒよりずっと安いんだよ。また品数も圧倒的。スイスに持って帰れないけれど刺身用の魚とか売っているんだよね。羨ましい。

チューリッヒの日本食材屋を擁護するようだが、品数が少ないのも仕方がないところである。だって購買する人間の数が違うからね。
余談ですが東日本大震災後は原発事故の影響で荷物が届かなくて大変だったんだけど最近は元に戻ってきたようです。
th_601525_369651376448733_1819954795_n.jpg
そして最後にラーメン屋でラーメンと餃子を食べて空港に戻ります。
http://brickny.com/takumi/
th_Düsseldorf-20130620-01383.jpg

こんな感じで熊太郎のDUS出張は終了するので決してDUS全体のことは語れないというか、語る資格がないのであります。

th_Meerbusch-20111216-00186.jpg
スイスに持ち帰る日本食材。

th_R0017789.jpg
大人買いです。

熊太郎としては欧州に修行に来ているようなもの。ストイックにスイスで多様な文化や言語と格闘して初めて欧州にいる意義があるわけでして。DUSに出張してたまーに日本文化に触れる程度のこの距離感が良いのだと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2012.09 Dusseldorf DE ブログトップ
外貨投資 FXfx