So-net無料ブログ作成
検索選択
2012.12 Basel CH ブログトップ

バーゼルのクリスマスマルクト 2 [2012.12 Basel CH]

さて、バーゼルの続きです。
いきなりサッカーの話だけど、バーゼルと言えば、柿谷がFCバーゼルに加入したね。良い選択だと思うよ。
スイススーパーリーグってお隣のブンデスリーガやセリエAなんかに比べたら格下も良い所だけどFCバーゼルは特別。1強他弱の構図だから、近年の優勝回数ったら抜きん出ている。
で、欧州のクラブが狙うチャンピオンズリーグ(CL)の出場権も1枠あるスイスリーグなので、バーゼルは確率高くCLに出場できるわけだ。
だからFCバーゼルでレギュラー取れれば、世界から注目を浴びるはず。それこそ昨年もCLで対戦したシャルケとの再戦ともなれば、シャルケのウッチーとの対戦も実現する。なかなか楽しみです。

さて、旧市街をしばらく歩くと、大きな川に行き着く。
th_R0018577.jpg
これがライン川。チューリッヒ湖から流れ出すリマト川が大きくなって、

th_R0018579.jpg
その後マインツやフランクフルトあたりを流れて行くのです。

th_R0018582.jpg
ライン川沿いを歩くと大聖堂に到着。そして大聖堂周辺にもマルクトが。

th_R0018583.jpg
12世紀に造られその後何回か改築された建物。

th_R0018584.jpg
ここでも熊太郎家は買い食い。

th_R0018585.jpg
市庁舎といい、赤い色が魅力的ですな。

th_R0018586.jpg
だいぶ日が暮れてきてライトが点灯し始めた。まぁこんな所でチューリッヒに戻るとするか。
夕飯食べて帰るかということになり、行きに見つけたなんちゃって日本食屋に行ってみる事にした。

http://www.namamen.ch/
店の名前は「生麺」 ラーメン+うどん屋であった。


th_R0018588.jpg
これはみそラーメン。まぁ。。。日本の袋インスタントラーメン(一時期ブームになったマルちゃん正麺より前のレベル)レベル。。かな。

th_R0018587.jpg
メニューを拡大してみた。

Soja(ソヤ)醤油のこと。
MIso 味噌
Shio 塩
この3味が基本。

普通のラーメンが16.7CHF(ムムム、今だと1,800円!)
ラーメン+野菜と卵で18.7CHF(2,000円!)

もはや高級料理です。

今思うと4人で10,000円程度払ったんだなぁ。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バーゼルのクリスマスマルクト 1 [2012.12 Basel CH]

12月に入り、欧州は(というか世界は)本格的なクリスマスシーズン。
この時期になるとチューリッヒだけでなく、あちこちの街でクリスマトマルクトが開催されている。

スイスの国鉄SBBのチケットカウンターの横にある、旅行パンフも「クリスマスマルクト訪問」みたいな冊子が目に付き、冊子の中はスイス国内だけでなく、マルクトでは上手をいくドイツへの旅行プランがたくさん掲載されている。ニュルンベルグ、シュトゥットガルト(この辺りの賑やかさは有名)などなど。中にはフランスはアルザス地方のコルマールなんてのも書いてある。

12月の最初の土曜日、急に思い立ってバーゼルに行ってみる事にした熊太郎一家。
熊太郎以外は初のバーゼル訪問である。


バーゼルまではチューリッヒから特急で約1時間(ちなみにスイスは特急券とかは必要なし。何に乗っても基本運賃のみ)
少なくとも1時間に1本は便が出ている。

熊太郎自身は赴任直後の2011年11月にフラッと訪問しているバーゼル。
前回のバーゼル訪問はこちら。

急に思い立ったので到着したのは14時過ぎ。

th_R0018563.jpg
まずは目的の一つバーゼル名所のティンゲリーの噴水。

th_R0018565.jpg
可動噴水で有名です。

th_R0018567.jpg
この辺りは旧市街の入り口

th_R0018568.jpg
暫く歩けば広場はこの通り。屋台が軒を連ねている。そして皆、屋台で暖かい食べ物を買い、ホットワイン(グリューワイン)を飲む。

th_R0018571.jpg
さすがにイルミネーションが点灯するには時間が早すぎるか。

th_R0018572.jpg
これもヨーロッパ中にある、焼き栗の屋台。「Heisse Marroni」- 直訳すれば「熱い栗」である。

th_R0018573.jpg
赤い壁で有名なバーゼル市庁舎

th_R0018574.jpg
そこら中にクリスマスツリー

th_R0018575.jpg
熊太郎家もピザ、栗、グリューワインと買い食いし放題。

th_R0018576.jpg
だんだん日が暮れていきます



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
2012.12 Basel CH ブログトップ
外貨投資 FXfx