So-net無料ブログ作成
2012.12 Stuttgart DE ブログトップ

再びブンデスリーガ観戦! 4 おまけ− アウトバーンとサービスエリアのトイレ [2012.12 Stuttgart DE]

さてサッカー観戦とクリスマスマルクト見学を終え家路につく。

ドイツの高速道路について書くとするか。

ドイツの高速道路、日本人にも馴染みのある単語「アウトバーン」である。
速度無制限の高速道路というイメージですが、半分当たっていて半分違う。

まず速度だが、確かに無制限である。ただし全部ではない。
例えば、バーゼルから北上するルート、5号線なんてのは無制限の部分が多い。
でもクネクネしている所(あんまりないけれど)とかインターチェンジなんて所は制限されているし、工事エリアはだいたい80km制限である。

平地が多い国土ってのはいいね。だって、トンネルなんてほとんどないし、クネクネしていない。日本に帰国して久しぶりに中央道を東京から河口湖まで走ったんだけど、アップダウンとカーブの連続、とても怖かった。

th_IMG-20111215-00178.jpg

道路は見晴らしが良く、道路自体も日本とは比べ物にならないくらい舗装状態が良い。日本によくある道路のつなぎ目がないから、とてもスムーズ。

怖いのは恐ろしい位のスピードで走る車である。

日本の高速道路、まぁMAX100kmとか120kmがいいとこだと思いますが、そんなトロトロしたスピードで走ると逆に危険。

写真のように3車線あると一番右側を走って真ん中の車線を追い越し車線として使えるけれど、2車線の場合、一番左(書いていて迷ってきた。右側通行だから合っているはず)を走る時は覚悟と注意が必要だ。

すいている道路の場合、走行車線でも140km程度で流れている。(熊太郎の経験)

そんなスピードでも追い越し車線の車に結構な速さでブチ抜かれる。推定200kmオーバー。だから、追い越し車線に出たら、覚悟を決めてアクセルを踏まなければならない。バックミラーを見ながら。

200km超のスピードで走る車はあっという間に迫ってくる。

ちなみにドイツの高速道路は無料です。


次にサービスエリアのトイレについて。


日本同様、ドイツにも一定距離にサービスエリアがある。まぁ、コンビニとガソリンスタンドしかない小さい所と、レストランが併設されているような大きいところがあるのは似ているね。

日本の場合トイレはたくさんあるけれど、ドイツはそんな数はない。男女それぞれ3つとか4つ位かな。
th_R0018630.jpg
これがそのトイレの入り口。有料です。0.7EUR払うとチケットが出てくる。これが金券になっていて0.5EUR分、併設の店でこれを使うことができる。

熊太郎は最初これを知らなくて、お店でモノを買った後トイレに行ってしまった。

トイレの中は清潔です。
「大」の方は使用後便座がグルッと一周し、洗浄される仕組み。

再びブンデスリーガ観戦! 3 ドイツ3大クリスマスマルクトへ [2012.12 Stuttgart DE]

サッカー観戦終了後、再び中心部に戻りクリスマスマルクトを見学。

th_R0018622.jpg
これはフルーツをすべてチョコレートがけにして提供するお店。

th_R0018626.jpg
鉄道模型も屋外で運行中。
歩いていると何やら懐かしい匂いが。

th_R0018627.jpg
なんと(たぶん)サバの串焼きが!写真を撮りそこねたが、大量のサバ(結構でかい)を焼いて売っている。家族で食べてみる事にした。
美味しい。でも味が単調。

あー醤油とかポン酢、そして大根おろしがあったらなーー。
ドイツ人、白米なぞ食べる訳もなくパンと食べている・・・・グリューワインとも合わない気がするなぁ。

th_R0018628.jpg
すごい混雑具合。そしてそれぞれの屋台!?の飾り付けがハンパなく凝っている。チューリッヒやバーゼルの比ではありません。

th_R0018629.jpg
これ屋根部拡大図。くっっそ寒いけれど、なかなか楽しい。クリスマスマルクト。この後帰宅したのは0時を過ぎていたと思う。

再びブンデスリーガ観戦! 2 ウッチー! 酒井! [2012.12 Stuttgart DE]

さて、午前中チューリッヒを出発し、14:00頃シュトゥットガルトに到着。
車を安全な地下駐車場に停める。

前にも書いたかもしれんが、海外では駐車場をケチってはいけないのが熊太郎の鉄則。
盗難や違反なんかでトラブルに巻き込まれたら海外では面倒くさいったらありゃしないからである。

th_R0018612.jpg
街を歩く。これは中央駅から続く道。そこらじゅうで「ソーセージ」、「グリューワイン」を楽しんでおられる。

th_R0018611.jpg
天気はよいけれど寒い。。

th_R0018613.jpg
軽く街を見た所で郊外のスタジアムへ向かう。スタジアムはメルセデス・ベンツ・アレーナと呼ばれる。
メルセデスベンツの博物館がアレーナの横にあるのだが、今回時間なく行けなかった。残念。
アレーナには市中心部から電車で数駅である。確かサッカーチケットを持っていると無料だったと思う。(おぼろげな記憶)

th_R0018614.jpg
そしてスタジアム。で、でかいよ。何と6万人収容。国立競技場と同等かな。
以前行ったフライブルクのスタジアムなんて2万人台の収容人数だったから全然違う雰囲気。
この大きさに圧倒されました。

これがシュトゥットガルトという地方都市にあるんだからね。このレベルのスタジアムがドイツ国内にゴロゴロ。シャルケのスタジアム6万、ドルトムント8万、ベルリン8万(弱)。どんだけサッカー好きなんだドイツ。

th_R0018617.jpg
この日は岡崎がケガで欠場もシュトゥットガルト酒井(豪)とシャルケ内田がスタメン出場。
ついにそのプレーを見る事ができた。これはウッチー拡大。
熊太郎娘、ずっと内田の姿を追いかけていました。(カッコいいから?)

しかしながらこの日は荒れた試合で後半途中からは10対10の闘い。酒井は危険なタックルで一発レッド&3試合出場停止処分、内田もCLの疲れからかミスも多く途中交代とあまり良い試合ではなかったです。
しかし6万人キャパのサッカー専用スタジアムはとても立派で、ドイツ人サポーター達のビールの飲みっぷりと野太い声に圧倒されたよ。

th_IMG_1413.jpg
これはスタジアムで買ったカード。ハーフタイムに食べ物買おうとしたら、早口のドイツ語で話しかけられ、戸惑いながら従いこいつを購入。
どうも飲食の窓口では現金ではなくこのカードでの支払いのみのようである。

再びブンデスリーガ観戦! 1 [2012.12 Stuttgart DE]

2014年8月下旬。欧州サッカーリーグ開幕。
ブンデスリーガも22日〜24日に開幕しましたな。

いつも行き当たりばったり的な週末旅行をしている熊太郎一家も、さすがにサッカー観戦だけはそうはいかない。

遡る事1ヶ月半前にチケットをゲットした。
th_IMG_0190.jpg
これがそのチケット。お値段57EUR/枚

ブンデスリーガのチケットの取り方であるが、
スイス在住の場合、クレジットカードで購入して自宅まで郵送してもらうというのが簡単な方法。
http://www.vfb.de/en/
まずは、クラブのホームページを探し出し、そのトップページのどこかにticketへ行き着くボタンがあるはず。
http://tickets.vfb.de
ここから先はドイツ語ということが多いので、ドイツ語が赤ちゃん並みな熊太郎は感覚で進んでいく。
ただ、バイエルンミュンヘンのような超人気クラブの場合は難しいかも。

熊太郎は、フライブルクとシュトゥットガルトしか観戦経験ないので、その範囲の情報ということで。

やはり日本人だけに日本人プレイヤーの勇姿を見たいもの。
前回1人でフライブルクvsシャルケの試合を観たのにシャルケの内田は出場せず。
(詳細はフライブルク訪問のページを参照)

ブンデスリーガの日程を確認したところ、チューリッヒから日帰りできるシュトゥットガルトとシャルケの試合が12月上旬にあることが判明。
これなら、シュトゥットガルトには(当時)岡崎と酒井(豪)が、シャルケにはウッチーこと内田がいる。
3人のうち誰かは出場するだろうと迷わずチケット取得を試みる。

しかも12月であればクリスマスマルクト絶賛開催中。熊太郎妻も納得の訪問&観戦となるのである。



チューリッヒから車で2時間半、220km。フランスストラスブール訪問で経験済みの距離。問題なく行けるでしょう。



2012.12 Stuttgart DE ブログトップ
外貨投資 FXfx