So-net無料ブログ作成
2013.05 Graubünden CH ブログトップ

秘境!? グラウビュンデン州へ6 最終回 [2013.05 Graubünden CH]

氷河ハイキングを終えた熊太郎一家、戻る道すがらリゾートタウン、サンモリッツに立ち寄り。

モルテラッチから電車で30分位で到着する。

クールに向かうレーティッシュ鉄道で2014年に事故があったんだよね。

その記事はこちら。

確かに険しいところを通過する鉄道だが、まさかあんな事故が起きるなんてねぇ。

さて到着すると再び日本語表記を発見
th_R0019801.jpg
今度は5ヶ国語での表示。ちゃんとしたゴシック系のフォントを使っているのには関心。(欧州では謎のフォントで表示されているのをよく見るからね)

th_R0019802.jpg
そしてこれ。姉妹鉄道からの寄贈です。

th_R0019810.jpg
サンモリッツの駅を湖側から撮影

th_P5041745.jpg
いかにも高そうなホテルがいくつか見える。

th_P5041756.jpg
5月なのにこの寒々しい天気。。。

th_P5041757.jpg
湖沿いのホテルWaldhaus。この辺りは漫画ジョジョで取り上げられたと熊太郎娘は大興奮。

th_R0019815.jpg
サンモリッツ駅。

th_R0019816.jpg
5月、まだ街はオフシーズン。サンモリッツの急坂を登ってきたにもかかわらず、街はまるでゴーストタウン。ブランドショップも閉まったまま。

th_R0019818.jpg
ほとんど空振りでサンモリッツは終了〜

th_R0019819.jpg
サンモリッツの良さはわからずじまい。老後に再訪するか。。。

th_R0019821.jpg
結局駅前のHotel Bellavalのレストランで軽くお食事して帰路につく。

ところでこの地域、スイス公用語4カ国語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)の中の一番話者の少ないロマンシュ語地域。ロマンシュ語とはどんな言語か?とちょっとだけ期待していたのだが、結局わからないまま、店員はイタリア語を話していた。Wikiによると話者は3万人台らしいから、こりゃすごいレアな言語だね。

th_R0019823.jpg
クールに20:00に到着。家に着いたのは22:00頃でした。

秘境!? グラウビュンデン州へ5 [2013.05 Graubünden CH]

氷河の先端にたどり着いた熊太郎一家だが、この辺りになると何人かの人とすれ違う。それもスキーヤーと。

彼らは、この氷河の上、デアボレッツァから滑ってきたものと思われる。

th_R0019791.jpg
熊太郎も氷河を堪能。

th_R0019794.jpg
だんだん天気が悪くなってきた。さすが山の天気。

th_R0019796.jpg
駅に戻るがやはり人が少ない。

th_R0019797.jpg
日が陰り、寂しさ倍増です。

th_P5041742.jpg
「手のり」熊太郎。

th_P5041743.jpg
なんかの案内標識でした。

th_R0019798.jpg
駅前にはたくさんの標識が。

th_R0019799.jpg
なかなかプリミティブな踏切ですw

th_R0019800.jpg
この時点で14:30。

チューリッヒ方面に戻る途中、サンモリッツへ立ち寄ります。。



秘境!? グラウビュンデン州へ4 [2013.05 Graubünden CH]

我々4人しか下車しなかったモルテラッチ(Morteratsch)駅。他の観光客のお目当てはこの先にある世界遺産のループ橋を通過することであり、その後イタリアに抜けるはず。しかし熊太郎一家、スイスは基本日帰り旅行。そんな余裕はないのである。

我々の会話以外聞こえるのは風の音、鳥の鳴き声、川のせせらぎのみだ。

th_R0019756.jpg
駅からハイキング開始。モルテラッチ駅の横にはホテルがある。
http://www.morteratsch.ch

しかし、訪問した時期が冬季と夏季の端境期で休業中! 唯一のトイレスポットが閉鎖中。。。
これには困った。

さてこのハイキングの目的はなにか?
ここは歩いて氷河の先端まで行けるポイントなのだ。氷河の名前はモルテラッチ氷河。

http://www.myswiss.jp/jp.cfm/nature/glacier/offer-Nature-Glacier-322531.html

約1時間ほど歩くと氷河の先端に行き着くこのハイキングコース。
大昔は、下車したモルテラッチ駅まで氷河があったそうだ。

しかし地球温暖化の影響か、どんどん氷河は溶けて後退し、今では1時間もあるかないと先端に行き着かない。

そんなことを子供達に見せたくて、今回ここを訪問した次第である。
th_R0019758.jpg
まず10分ほど歩くと1878の文字を発見。つまり135年前はここまで氷河があったのだ。

th_R0019760.jpg
ハイキングの道は平坦。ひたすら川沿いを歩きます。

th_R0019761.jpg
しばらくは全く人に出会わない。熊太郎一家だけの世界。

th_R0019764.jpg
1900年の標識を発見。ここまで駅から15分。

th_R0019766.jpg
時は5月中旬。ひんやりしているが、日差しはあたたかく、コートを脱いでハイキング。熊太郎息子は岩場で遊ぶ余裕も。

th_R0019767.jpg
1920年に到達。ここまで約20分。標識には1900年から20年で204m後退したとある。

th_R0019769.jpg
1940年。ここまで25分。1900年から40年で540m後退。さっきより後退のペースが上がっている。

th_R0019772.jpg
1950年。ここまで30分。1900年から50年で741m後退。さらに後退ペースが上がる。

th_R0019773.jpg
1960年。ここまで40分。60年で1039m後退。10年で300m消失ですよ。

th_R0019774.jpg
1970年地点。奥にはっきり氷河が見えてきた。ここまで45分。1318m消失。

th_R0019775.jpg
1980地点。ほとんどゴール。ここまで50分。1619m。

th_R0019776.jpg
1990年。1687m。10年300mペースだったのが、この10年の消失部分は少ないね。

th_R0019777.jpg
このあたりになると溶け出した水の量がハンパなく、靴が濡れないように注意する。

th_R0019780.jpg
2010年も手書きであった。この時2013年。ってことは3年でこんだけ溶けちゃったのか。。

th_R0019781.jpg
氷河が軋む音、崩れる音が聞こえる。

th_R0019782.jpg
よく見ると青い氷が見える。

th_R0019787.jpg
いろいろ考えさせられるハイキングである。

秘境!? グラウビュンデン州へ3 [2013.05 Graubünden CH]

あけましておめでとうございます。

欧州から帰国して丸1年が経ちました。今年も引き続き滞在記&旅行記を淡々と綴っていきたいと思います。

さて、Samedanに到着した一家。
th_R0019748.jpg
この時点で3時間電車に乗っている。

th_R0019749.jpg
ここで乗り換え、目的地Morteratschへいよいよ近づく。

th_R0019751.jpg
駅の「線路を跨ぐな」の表示には日本語が! チューリッヒ辺りだと、ドイツ語、フランス語、イタリア語、英語の4つだが、この辺り、日本人観光客が訪れる地ではドイツ語、イタリア語、英語、そして日本語。

th_R0019752.jpg
さらには電車に「箱根」の文字が、この鉄道、箱根登山鉄道と姉妹鉄道なんだよね。

th_R0019753.jpg
家を出発して約4時間。ついに目的地「モルテラッチ駅」へ。この駅で降りたのは。。。熊太郎一家のみ!

th_R0019754.jpg
そして列車は駅を離れる。こんな不安に駆られる下車は久しぶり。どうなる熊太郎一家!(大袈裟)

秘境!? グラウビュンデン州へ2 [2013.05 Graubünden CH]

さて、定刻にChurに到着した熊太郎一家。

ここからはスイス国鉄ではなく、レーティッシュ鉄道という地方鉄道に乗り換える。
th_R0019721.jpg
スイス国鉄を初めとした欧州の鉄道は標準軌だが、この私鉄は日本と同じ狭軌である。

th_R0019724.jpg
向こうに見えるのは日本人に特に有名なベルニナ急行である。
https://www.rhb.ch/jp/home
詳細はここを見ればよく分かる。
さすが、日本語も完備しているんだねぇ。

我々が乗るのはその急行ではなく手前に普通列車。

線路の幅が馴染みのある幅です。

th_P5041729.jpg
車両の各テーブルには路線図が書かれている。
熊太郎が行き先表示。
目的地はかなり奥地。熊太郎の頭のあたりはもうイタリアである。

th_R0019728.jpg
ここからの車窓はまさに「秘境」である。崩れた建物や教会が点在する。

th_R0019730.jpg
そしてお約束の石でできた橋梁。

th_R0019731.jpg
切り立った崖や険しい谷を抜けていく。

th_R0019735.jpg
熊太郎一家は先頭車両に陣取り撮影。

th_R0019736.jpg


th_R0019737.jpg
桜も咲いていた。

th_R0019740.jpg
ようやくグラウビュンデンにも春が来た感じです。

th_R0019742.jpg
戦前に製造されたGe6/6 電気機関車がBergün駅に停まっていた。

th_R0019744.jpg
列車は奥へ奥へと進んで行く

th_R0019745.jpg
険しいところはグルグルループして抜けていく

th_P5041731.jpg
眺めていると、

th_P5041733.jpg
さっき通り抜けた線路が下に見える。
まるで鉄道模型のレイアウトみたい。

th_P5041735.jpg
赤い車両が目立つね

th_R0019746.jpg
Samedan駅に11:45に到着

th_R0019747.jpg
ここでさらに乗り換えます。

秘境!? グラウビュンデン州へ1 [2013.05 Graubünden CH]

スイス連邦の人口約800万人。国内には日本の都道府県のようにスイスには26の州が存在する。

熊太郎が住んでいるチューリッヒ州は一番人口が多い。まぁそれでも100万人レベルなのだが。

そしてその逆、一番人口が少ないのは今回訪問したグラウビュンデン州である。でも面積は一番大きいんだよ。


地図でいうとスイスの右下。

今回の旅の目的は消えゆく氷河を見に行くこと。子供達にそれを体験させる社会科見学旅行である。

どこかのホテルに泊まるのが常道であろうが、相変わらず、熊太郎家のスイス国内旅行は日帰り。
チューリッヒ発8:37に出て、モルテラッチという場所に昼前に到着する。

th_R0019710.jpg
チューリッヒ中央駅。ここからまずはグラウビュンデン州の州都Chur(クール)まで向かう。

熊太郎家は普通に2等車を利用。ちなみにスイス国鉄の列車はいろいろな種類の2等車が連結されているが写真奥の白赤黒の車両がオススメ。手前の緑白の車両は古くて臭いのだ。しかも白赤黒の車両はコンセントが付いているので、iphoneとか充電できるのだ。

th_R0019711.jpg
途中、Walensee(ヴァレン湖)を通過。

th_R0019713.jpg
今日は天気いい。

th_R0019716.jpg
しかし子供達は早起きの旅ゆえ、車内で爆睡中。熊太郎はボーッと車窓を見る。
ハイジで有名なマイエンフェルドはこの沿線である。

th_R0019717.jpg
1時間20分でクールに到着。

th_R0019719.jpg
クール駅前。

th_R0019718.jpg
グラウビュンデン州名物のビュンドナーヌストルテ。420gで19CHFってやっぱ結構高いよね。

スイス レーティッシュ鉃道の事故考察 [2013.05 Graubünden CH]

いやぁビックリのニュースだね。レーティッシュ鉃道の土砂崩れ事故。
https://www.rhb.ch/en/home
http://www.20min.ch/videotv/?vid=380024&cid=2
鉃道のHPと現地のニュース

熊太郎一家も乗った事あります。山中をうねうね走る鉃道だけにこういうことって起きやすいんだろうなぁ。
崖沿いを走る感じは日本のローカル線と変わらず。
熊太郎、昨日まで会津地方を旅行していたんだけど、磐越西線も線路の法面に土嚢が積み上げられている所があったし、只見線はいまだに新潟県境は不通のまま。山岳地域は大変です。

さて、そのレーティッシュ鉃道。日本からのスイスツアーで超定番。
ツアーは一日目成田からチューリッヒに着いてサンモリッツに移動、二日目はレーティッシュ鉃道のループ線。三日目サンモリッツから氷河特急に乗ってツェルマットに向かう。こんなパターンが多い。

報道で「日本の観光客もたくさん乗る」と伝えていますが、熊太郎的コメントを申し上げると、サンモリッツからクールに向かう今回の路線において氷河特急の場合は間違いなく日本人が多いが、普通列車だとそれほどでもない。

th_R0019723.jpg
熊太郎が遊びに行った時の写真。クール駅にて。向かいは氷河特急(For rich people)
手前は普通列車(熊太郎家)。今回の事故と同等の列車と思われる。

今回200人くらい乗っている中で11人の方がケガをし、乗っていた日本人の方6人中5人という高確率でケガをされたというニュースがありましたが、何故高確率だったか?

熊太郎感覚ですが、脱線転落した1両目(2両目も)は写真を見る限り1等車であったことが原因の1つではないかと思います。
せっかくスイスに来たのだから1等車でゆったり景色を堪能したい。熊太郎もよくわかります。(ウチは余裕がないので2等車でしたが)

もう一つは先頭、及び後方の車両に乗ると、レーティッシュ鉃道らしい写真が撮れるのです。
th_R0019733.jpg
まさにこんな感じ。
そしたらやっぱり端の車両に乗るわな。
この写真の編成、先頭(撮影側)から、

1両目 1等/2等車(熊太郎乗車位置)
2両目 2等車
ずっと行って
最後尾2両 1等車

ですからね。写真はクールからサンモリッツに向かっているので、今回の事故はその逆方向。となれば先頭は1等車2両。

日本人なら少々待って端の車両を確保する事くらい普通にするわな。

なんとも不運です。
事故後の映像でヘリが映っていましたが、あれはスイスの救急ヘリ隊のREGAだと思われます。
http://www.rega.ch

なにせスイスは山岳地域。遭難する方、スキーでケガされる方もたくさんいる訳で、そういう時、救急ヘリ隊は大活躍するのです。
2013.05 Graubünden CH ブログトップ
外貨投資 FXfx