So-net無料ブログ作成
2013.09 Schilthorn CH ブログトップ

女王陛下のSchilthorn 6 インターラーケン散歩 [2013.09 Schilthorn CH]

ラウターブルンネンでBOB(ベルナーオーバーランドバーン)に乗り換えてインターラーケンに戻る。
th_R0131837.jpg
インターラーケンは2つ駅があってね、Ost駅(東駅)とWest駅(西駅)ってあるんだよ。メジャーなのはBOB乗換駅である写真のOst駅だ。

th_R0131838.jpg
時間は18:00。まだ明るいのでWest駅まで歩いてみることにした。


Ost駅とWest駅の間は1.7km。道の両側はお土産やさんが軒を連ねている。

th_R0131842.jpg
時計店もたくさん。日本人はマイナーで、圧倒的に中国人。店の中に入ると中国語が飛び交っている。店員さんも中国語が話せる中国系の方が多い。
店内には1人だけ日本人スタッフがいたなぁ。

th_R0131839.jpg
駅間に広場があって、そこからアルプスがちょっとだけ見えるんだ。

th_R0131843.jpg
日本人観光客は少ない。ある店の店員に聞いたら「日本人はグリンデルヴァルドの方を好むからね」と言っていた。

th_R0131844.jpg
インターラーケンWest駅。こっちの方が静かである。

th_R0131845.jpg
さてそろそろ家に帰ります。

th_R0131846.jpg
トゥーン湖沿いにベルンに向かって進みます。

th_R0131847.jpg
これスイス国鉄の1日乗り放題チケット。2等車用でお値段71CHF。

女王陛下のSchilthorn 5 プチハイキング [2013.09 Schilthorn CH]

”真っ直ぐ鉄道”で終点に到着。

th_R0131817.jpg
シルトホルンにはかなわないものの、これでも十分良い景色。


ここから下山するための登山鉄道の駅までハイキングをすることにした。

th_R0131818.jpg
夕方だけに人もまばら。

th_R0131819.jpg
ユングフラウの説明板の上に熊太郎おすわり。

th_R0131820.jpg
一本道なので迷うことはない。

th_R0131822.jpg
冬場のため?か小屋の中には薪がこれでもか!っという位詰め込まれている。

th_R0131823.jpg
斜面の右側全てアルプスです。

th_R0131824.jpg
Murrenの村が見える。

th_R0131825.jpg
林に入ったところで牛に遭遇

th_R0131826.jpg
牛の通過をしばらく待つ。

th_R0131827.jpg
Bergbahnという名の鉄道。これでラウターブルンネンまで降りることができる。

th_R0131828.jpg
これが列車。左の旗はベルン州の州旗、右はたぶんラウターブルンネンの旗(と思う)

th_R0131829.jpg
乗車時間は20分

th_R0131830.jpg
先頭には荷物車が連結されていた。

th_R0131831.jpg
帰りにインターラーケンに寄ってみることにした。

th_R0131832.jpg
そろそろユングフラウともサヨナラである。

th_R0131834.jpg


th_R0131835.jpg
山道を抜けると

th_R0131836.jpg
ラウターブルンネンの駅が見えてきた。

女王陛下のSchilthorn 4 ちょっと寄り道 [2013.09 Schilthorn CH]

シルトホルンからの景色に感動し、007スポットを後にする。

ロープウェーで下り、途中ミューレンからは違うルートで帰ってみることにした。

th_R0131801.jpg
ミューレンからの景色もなかなかです。


ミューレンはロープウェーの乗り場と登山電車の乗り場が離れている。そしてその真ん中あたりに、

th_R0131802.jpg
真っ直ぐ伸びる鉄道が1本。Allmendhubelbahnという。

th_R0131803.jpg
乗り場の周辺にはお土産屋が数点

th_R0131804.jpg
熊太郎、乗車!

th_R0131805.jpg
熊太郎、アルプスをみる

th_R0131806.jpg
一直線に登って行く

th_R0131808.jpg
途中すれ違い部分はあります。

th_R0131809.jpg
そして終点。ちなみに1両仕立ての電車には熊太郎と数名しか乗っていませんでした。

th_R0131812.jpg
アルプスと牛

th_R0131815.jpg
現在午後4時過ぎ

th_R0131816.jpg
ここからプチハイキングします。

女王陛下のSchilthorn 3 アジトからの絶景 [2013.09 Schilthorn CH]

家を出て4時間半。ついに頂上到達。
これぞ(007の)敵のアジトから眺める絶景である。
th_R0131774.jpg
真ん中がユングフラウ。左がメンヒ、その横がアイガーである。
ちなみにここSchilthornは標高約3,000m

th_R0131776.jpg
違う方向、もっと南側を見てもこのとおりの絶景。

th_R0131778.jpg
360度こんな感じだよ。

th_R0131779.jpg
展望デッキから敵のアジト(しつこい)を見る。

th_R0131780.jpg
この奥にはモンブランが見えた(はず)

th_R0131781.jpg
これが上の写真と同じ方向のガイド

th_R0131785.jpg
やはり、この方向につきますな。

th_R0131789.jpg
熊太郎、アルプスを制覇!

th_R0131791.jpg
熊太郎なしでもう一枚。

th_R0131793.jpg
「女王陛下の007」の公開年は1969年。つまりこの建物はざっくり築45年なんだな。


th_R0131795.jpg
館内には007に関するちょっとしたミュージアムになっていて、

th_R0131799.jpg
日本版のポスターなんかも展示されている。

th_R0131796.jpg
ボブスレーの体験コーナーもありました。


女王陛下のSchilthorn 2 敵のアジトへ!? [2013.09 Schilthorn CH]

バスを下車し、お次はロープウェイを使う。
th_R0131760.jpg
ロープウェーの乗り口。ここにも滝。


ここまで何回乗り換えたか?
1.自宅〜チューリッヒ中央駅
2.チューリッヒ〜ベルン
3.ベルン〜インターラーケン
4.インターラーケン〜ラウターブルンネン
5.ラウターブルンネン〜シュテッシェルベルク(バス)
6番目がロープウェー。

th_R0131761.jpg
このロープウェーで最後と思いきや、このロープウェー、乗り換えがある。
ここで標高922m。

th_R0131762.jpg
ここからグィーンと登っていきます。

th_R0131763.jpg
スイッチバックのように7番目となるロープウェーに乗車。

th_R0131764.jpg
そしてミューレンに到着。ここで標高1,650m

th_R0131766.jpg
最後8番目のロープウェーに乗り換え、ギュィーンと上昇する。


th_R0131767.jpg
こ、これは、間違いなく左からアイガー、メンヒ、ユングフラウです。

th_R0131769.jpg
どこ見ても高い山。

th_R0131770.jpg
さぁ、目的地、シルトホルンの展望台「Piz Gloria」が見えてきた。

th_R0131772.jpg
気分はもうジェイムス・ボンドである。
「女王陛下の007」、原題「007 On Her Majesty's Secret Service」
007の第6作目、主演ジョージ・レイゼンビーの作品である。
ショーン・コネリーの後、たった1作だけ演じたレイゼンビー。評判はそこそこだったそうだが、現場の評判が悪かったらしい。
ジェイムス・ボンドが結婚する作品としても有名。

で、ここが敵の秘密のアジトだったんだよ。ボンドがこのアジトに向かって登って行くんだ。
1作目から全部観ている熊太郎としては、ちょー感慨深い。
頭の中にはあのBGMがグルグル回っている。


テーマソングはこちらで確認できる。

女王陛下のSchilthorn 1 [2013.09 Schilthorn CH]

今回からスイスネタです。

9月中旬の土曜日、天気良かったので、洗濯やら家の雑務もさっさと終え、山に行ってみることにした。
今回の目的地は3,000mのシルトホルン。ベルナーオーバーランド、まぁ日本人にはユングフラウ一帯のエリアに日帰りで行ってみることにした。


インターラーケンからグリンデルヴァルドは右下、シルトホルンは左下になります。



これが今回の経路。チューリッヒからベルンまで特急に乗り、そこで乗り換え、インターラーケンへ。
そこから私鉄に乗り換え、ラウターブルンネン方面へ。3時間半かかります。
いつもは家を早めに出る熊太郎も家事があったので、出発は10:00。

th_R0131746.jpg
これはインターラーケンの手前、Spiez(シュピーツ)

th_R0131747.jpg
12:30。定刻どおり、インターラーケンへ。ここで私鉄「BOB(Berner Oberland Bahn)」に乗り換える。

http://www.jungfrau.ch/en/tourism/
このあたりの交通案内はこのサイト参照

th_R0131748.jpg
山が近づいてくる。

th_R0131749.jpg
Wildeswil シーニゲプラッテ方面はここで乗り換え

th_R0131750.jpg
シーニゲプラッテへの列車はコレ

th_R0131751.jpg
可愛い電気機関車

th_R0131755.jpg
もうすぐ到着

th_R0131756.jpg
ラウターブルンネン到着! 遠くに山々が!

th_R0131759.jpg
ラウターブルンネン(Lauterbrunnen)から今度はバス。右に左に滝が点在している。

まだまだ目的地に着かない。自宅を出て3時間ちょい。
2013.09 Schilthorn CH ブログトップ
外貨投資 FXfx