So-net無料ブログ作成
検索選択
2013.11 DE and FR ブログトップ

ボーヌ(Beaune) スイスへ帰る旅 7 (最終回) [2013.11 DE and FR]

16時頃ボーヌに到着

th_SANY0184.jpg
いきなり2CVがお出迎え。なかなか程度良かったよ。

th_SANY0186.jpg
人口2万人くらいの街だけど、田舎道を走り抜けてきたからか大きく感じます。

th_SANY0188.jpg
さすがブルゴーニュワインの中心地だけあって観光客をたくさん見かけます。

th_SANY0189.jpg
しかしすでに日暮れ間近の時間帯。急いで街を見ないと。

th_SANY0190.jpg
そこらじゅうにワインショップがある。が、車でこれからスイスに帰らなければならぬ故、飲めない悲しさよ。
このお店の入り口付近をよく見ると、

th_SANY0191.jpg
おー!クロネコヤマトちゃん。しかも日本語で「日本へのワインの配送承ります」とある。

th_SANY0193.jpg
このワインショップはパリでも見かけたな。チェーン店ですかね。

th_SANY0194.jpg
ワイン市場とオテルデュー
th_SANY0195.jpg
ここにはお土産やさんがありましたな。

th_SANY0196.jpg

th_SANY0197.jpg
そして1443年にできた病院「オテルデュー」を見学。

th_SANY0198.jpg
内部。この感じがこの地域の建物の特徴

th_SANY0199.jpg
これは病室の入り口かな??

th_SANY0200.jpg
そして病室。結構オープンなのね。

th_SANY0201.jpg
蝋人形の館です。

th_SANY0202.jpg
ガイドブックとかでよくみるアングル。

th_SANY0205.jpg
その後、お土産やで物色し気づけば日暮れ

th_SANY0207.jpg
とまぁ、ボーヌの街を十分堪能したかどうかは疑問ですが、

th_SANY0208.jpg
そろそろ帰ることにしました。


ここからチューリッヒまで350km。途方もなく遠く感じる。
途中ブザンソンに立ち寄りたかったが、さすがに無理。
本日TrierからNancyそしてBeaune。最後にチューリッヒと750kmの旅。
もうくたくたです。

家に着いたのは何時だったんだろうか。


th_Uster-20131201-01697.jpg
友人へのお土産、ボーヌの病院が経営しているぶどう畑のワイン。

th_Uster-20131201-01696.jpg
2000年です。

グランクリュ通り スイスへ帰る旅 6 [2013.11 DE and FR]

目的地であるボーヌ(Beaune)に行く前に道端に車を停め、ブドウ産地の様子を撮影する。

th_SANY0169.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュの街(村?)中心部。この建物はBNP PARIBAS。銀行なんだよ。

th_SANY0170.jpg
建物の感じがナンシーとは違う。

th_SANY0172.jpg
ワインショップを何軒か発見。そりゃお膝元だもんな。

th_SANY0171.jpg
この写真の右手にホテル&レストランが見える。こんなところで老後ゆっくりと泊まってみたい。

th_SANY0175.jpg
郊外にでた。左はニュイ・サン・ジョルジュ方面。右はボーヌまで10kmの標識

th_SANY0176.jpg
ホテルやシャトーの標識群

th_SANY0177.jpg
一面ぶどう畑。でも残念ながらオフシーズン。

th_SANY0178.jpg
ぶどうの丘ですな

th_SANY0182.jpg
こんな標識を発見、かー、グランクリュ通りっすよ。特級ぶどう通りとでも訳しましょうか。

th_SANY0183.jpg
はい、熊太郎とブルゴーニュのぶどう畑です。

ついに熊太郎、フランス2大ワイン産地であるボルドーとブルゴーニュを制覇!
ボルドーの旅の様子はこちら

th_SANY0179.jpg
そこら辺にグランクリュのサイン

th_SANY0180.jpg
冬晴れの空が良いよね。これがナンシーの曇り空のようだったら、印象がエラく違うだろう。

th_SANY0181.jpg
さあ、いよいよ成り行き上の最終目的地ボーヌへ向かいます。あと数キロのトコですが。

さらに軌道を外れブルゴーニュへ スイスへ帰る旅 5 [2013.11 DE and FR]

ナンシーのブラブラ歩きを終え、時刻は正午過ぎ。
ここまで来たなら、とことん迂回?してしまえ、と考えたのはフランスワインの産地、ブルゴーニュ訪問。


ナンシーからブルゴーニュの中心地ボーヌ(Beaune)まで250km。結構遠い。。

休み休み250kmの旅路を開始する。

th_Sandaucourt-20131130-01691.jpg
途中のロレーヌエリアのサービスエリア。このサービスエリアを越えたあたりに見慣れた名前がでてくる。


訪問した訳ではないがコントレックス(Contrex)ここが採水地。
その横にはVittelもある。この辺は水資源が豊富なんだね。どっちもネスレグループ

th_IMG-20131130-01692.jpg
その後チューリッヒからパリに向かうTGVが通る街Dijonを通過する。
このサービスエリアはできたばかりだったな。

そして15時過ぎにボーヌ近辺に到着。手前で高速を降り、ワインの産地をドライブ。
th_SANY0167.jpg
この辺はコートデュニュイで有名。
昨日のドイツは散々な雨だったけれど、ブルゴーニュはいい天気。この青空が恋しかった11月の末。

ナンシーの街 スイスへ帰る旅 4 [2013.11 DE and FR]

ナンシーの街歩きの続きです。
th_SANY0128.jpg
凱旋門を抜けカリエール広場からロレーヌ公宮殿を見る

th_SANY0129.jpg
ズンズン歩いて後ろを振り向きこんどは凱旋門を見る。

th_SANY0130.jpg
とにかくこのあたりのデコレーションがすごい。熊太郎は昼間立ち寄っただけだったが、ライトアップされた広場の写真を見ると、1泊したかったな、と思う綺麗さだった。

th_SANY0131.jpg
街角の店構え。

th_SANY0132.jpg
次は教会

th_SANY0133.jpg
サンテプヴル教会

th_SANY0134.jpg
その辺をブラブラすると、

th_SANY0137.jpg
かわいい雑貨屋?を発見

th_SANY0138.jpg
店前面の色がいいっすね。

th_SANY0139.jpg
クラッフ門という門。この辺は旧市街。


th_SANY0141.jpg

th_SANY0143.jpg
ぐるっと旧市街を歩いてレオポルド通りのPorte Désillesが見えてきた。

th_SANY0145.jpg
と、その横にはアールヌーボー建築を発見。ナンシーはアールヌーボー発祥の地とか。

th_SANY0147.jpg
さっきのPorte Désillesです。

th_SANY0149.jpg
ぐるっと歩いて広場に戻ることにする。

th_SANY0151.jpg
クリスマスイルミネーションがセットされている。がまだ点灯までには時間がある。

th_SANY0153.jpg
寒々しい写真だね。

th_SANY0155.jpg
はい。広場に帰還

th_SANY0156.jpg
一面グレー

th_SANY0157.jpg
お次は広場を通り抜けアリアンス広場へ

th_SANY0158.jpg
木々で覆われたこの公園も世界遺産の1つ。

th_SANY0159.jpg
これが世界遺産か?と思うほど、街中に普通にある公園

th_SANY0161.jpg
ノートルダム大聖堂が見えるとそこは繁華街

th_SANY0162.jpg
トラムが通る大きな通りです。

th_SANY0164.jpg
角にあった薬屋さん。素敵です。

軌道を外れフランス ナンシーへ スイスへ帰る旅 3 [2013.11 DE and FR]

さて、早朝散歩を終え、ホテルに戻りチェックアウトしつつ、どのルートでスイス、チューリッヒに戻るか考える。

実は昨日の大雨ドライブで結構消耗していた熊太郎。今朝の天気はまずまずだったが、特に速度無制限のドイツアウトバーンをこれ以上走る気力がなかった。なんていうのかな、追い越し車線をそれなりのスピード(日本人的感覚のスピード)で走っても煽られる恐怖みたいなのがあったんだよね。じゃあ走行車線走ればいいじゃんと言われそうだが、そうするとトラックとか邪魔なんすよ。


そこで選んだのがルクセンブルクからフランスに向かうこのルート。
フランスだと130kmの速度制限なんだよね。めちゃ飛ばす車がないのが助かります。

それにナンシーって行ったことない場所だし、ちょっと寄り道することにした。

ナンシー。アールヌーヴォーが生まれた街らしい。人口は広域で26万人。
トリールからは160kmの場所にある。

ここには世界遺産のスタニスラス広場がある。車を安全な地下駐車場に停め、街を歩き始める。
11月末の欧州内陸の街ナンシーはただただ寒かった。。。
時折雪もチラつく状況の中、しばらく歩くと広場に到着。

th_SANY0119.jpg
見よ、この寒々しい光景。建物や石畳の色がそうさせているのかもしれん。
しかし、2年近く経った今でも、あの寒かった街の感覚が蘇ってくる。耳痛かったもんなぁ。

th_SANY0120.jpg
マカロンの原型らしい。ナンシーが発祥と書いてあった気がするが、発祥の街はここだけではない気がする。

th_SANY0121.jpg
この広場にツーリストインフォメーションがあり、地図をゲット。

th_SANY0122.jpg
寒いが豪華な広場である。

th_SANY0123.jpg
凱旋門を発見し、熊太郎記念撮影。

th_SANY0124.jpg
広場につながる通りにはクリスマスイルミネーションが施されている。

th_SANY0126.jpg
凱旋門を通ってみることにした。

th_SANY0127.jpg
手前が修復中だったのが残念だったが、凱旋門、綺麗です。

トリール朝散歩 スイスに帰る旅 2 [2013.11 DE and FR]

スイスも戻る旅。2日目(まぁ今日スイスの自宅に戻るのだが)のスタート。

朝のトリール散歩の前に宿泊ホテルご紹介。

http://ekkt.ekir.de/trier/index.php?id=1474
ホテルビナム 1泊66EURでした。ドイツのホテルは安い。
このホテルはトリールの駅前にある。

th_SANY0113.jpg
ホテルの窓から。ホテルの人に駐車場の場所を聞いたら「駅前の駐車場を使っていいのよ」と言われる。

th_SANY0114.jpg
ホテルの窓から写真2。右手はトリール駅。昨晩のファストフード的な中華料理屋はこの建物の中にあった。

th_SANY0115.jpg
ホテル室内。質素な感じはいかにもドイツのホテルっぽい。

th_SANY0112.jpg
外を覗いたホテルの窓

th_SANY0116.jpg
屋根裏部屋に近いこの斜めの天井

th_SANY0117.jpg
駐車場側から見たホテル(奥の白い建物)
この宿に決めた理由。価格、そして旧市街より道が広く、車も停めやすいだろうと思ったくらいで特にこだわりなし。

さぁ、ちょっと時間を遡って朝のトリール散歩。

th_SANY0098.jpg
朝7時半スタート。


th_SANY0100.jpg
まだ暗い。

th_SANY0102.jpg
クリスマスマルクトも閉店

th_SANY0103.jpg
開店前のお店。ホットチョコレート300mlで2EURと書いてある。

th_SANY0106.jpg
クリスマスオブジェ

th_SANY0107.jpg
静かな朝の佇まい。

th_SANY0110.jpg
さあこれが世界遺産 ポルタニグラ。直訳すると「黒い門」。2世紀頃の建物。

th_SANY0118.jpg
街の中心部にドカンと鎮座。すごい存在感です。

th_Trier-20131130-01685.jpg
記念撮影

トリール(Trier)立ち寄り スイスに帰る旅 1 [2013.11 DE and FR]

ほぼ時系列に書いてきたこのブログも2013年11月下旬まで到達。

帰任する12月まで残り一ヶ月。いよいよ欧州生活の話も終わりが近づいてきた。

最後の一ヶ月は日本に帰る準備に追われるため、軸足を再びスイスに戻すことになった。引越しとか残務整理とかやること山積なのよ。

つーことで9月に車で700kmひた走ってきた道を、またチューリッヒに向かって戻る旅をする。

11月末の金曜日夕方、ドイツの同僚に別れを告げスイスに戻る旅がスタート。でも一気に自宅に帰ることなんて体力的に無理。途中で一泊してゆっくり安全に戻ることにしたんだ。

ちなみに9月の時はコブレンツに一泊した。(詳細はコチラ
一泊したと言っても、本当に泊まっただけ。大雨で外に出られたモンじゃなかった。

今回の帰路も酷い雨だった。アウトバーンを運転していて怖いくらい。ワイパー早くしないと前がまったく見えない程。

そんな帰路、一泊する場所は歴史ある街「トリール」に決めた。


トリールはルクセンブルクの横あたりにある街である。

th_SANY0063.jpg
トリールまで3時間。ヒイコラ車を運転し、到着。
金曜日の夜の街は大勢の人がグリューワインを飲んでいた。

th_SANY0067.jpg
クリスマスマルクト絶賛開催中である。

th_SANY0078.jpg
雨も弱くなってきた。

th_SANY0081.jpg
クリスマスマルクトは華やかだが、独り過ごすマルクトはやっぱり寂しい

th_SANY0088.jpg
昨年は家族と一緒に過ごしただけに尚更です。

th_SANY0091.jpg
この晩の夕飯は駅前にあった中華料理屋でさっと済ませる。独りの時の中華料理屋はとても便利。

th_SANY0096.jpg
人口10万人。あの経済学者マルクスが生まれた街トリール。この晩は疲れ果て、さっさと宿に帰った(と思う)
2013.11 DE and FR ブログトップ
外貨投資 FXfx